リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

Print Friendly, PDF & Email

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

投稿日:2017年1月12日 更新日:

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。
アクションクエリを実行すると、必ずメッセージウィンドウが表示されます。
メッセージウィンドウ

このメッセージを非表示にする方法です。

Accessのオプションから設定

[ファイル]タブから[オプション]をクリックして、[Accessのオプション]ダイアログボックスを表示させます。
[クライアントの設定]で[確認]から[アクションクエリ]のチェックボックスをオフにします。
でも、この設定は各パソコンごとに設定しなければなりません。
クライアントの設定

マクロの作成

マクロで設定しておくと便利です。
[作成]タブから[マクロ]をクリックします。[すべてのアクションを表示]をクリックして
[新しいアクションの追加]で[メッセージの設定]を選択します。
[メッセージの表示]を[いいえ]にします。
その後、続けて[クエリを開く]を選択して、クエリ名に[追加クエリ]を指定します。
マクロに名前を付けて保存します。
すべてのアクションを表示

コマンドボタンのクリック時イベントにマクロを指定

フォームにコマンドボタンを作成して、[クリック時]イベントに作成したマクロを指定します。
イベント クリック時

イベントプロシージャに記述

または、クリック時イベントのイベントプロシージャをクリックしてVBEを起動します。

[イベント]タブの[クリック時]の[...]ボタンをクリックすると、[ビルダーの選択]ダイアログボックスが表示されます。[マクロビルダー、式ビルダー、コードビルダー]から[コードビルダー]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
イベント クリック時

そして以下のコードを記述します。
VBA

Docmd.SetWarning True を記述しないと、このAccessファイルのすべてで確認メッセージを表示しないということになります。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Accessを学習するなら、一度は読んでおいたほうがよい本です。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

数式をセルに表示するには

数式をワークシートのセルに表示したいということはありますね。 数式のエラーを見つけたい、どこに数式が入っているのかわからない。。。などという ...

重複の削除

Excel2007以降には、[データ]タブに[重複の削除]というコマンドがあります。 ポップヒントには、以下のように記されています。重複する ...

no image
Backstageビューとは

Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・]と言われても、 ...

写真の幅を揃えて挿入するには

自分で撮った写真をWordの文書に貼り付けて、メールの添付で送りたいという方は多いですね。 大きなサイズの写真を数多く送るより、Wordに貼 ...

箇条書きをSmartArtに変換

PowerPoint独自の機能です。 WordやExcelでは、SmartArtを挿入して入力しますが、 PowerPointではプレースホ ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.