Windows7 & Office2010 Access2010

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

投稿日:

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。
アクションクエリを実行すると、必ずメッセージウィンドウが表示されます。
メッセージウィンドウ
このメッセージを非表示にする方法です。
[ファイル]タブから[オプション]をクリックして、[Accessのオプション]ダイアログボックスを表示させます。
[クライアントの設定]で[確認]から[アクションクエリ]のチェックボックスをオフにします。
でも、この設定は各パソコンごとに設定しなければなりません。
クライアントの設定
マクロで設定しておくと便利です。
[作成]タブから[マクロ]をクリックします。[すべてのアクションを表示]をクリックして
[新しいアクションの追加]で[メッセージの設定]を選択します。
[メッセージの表示]を[いいえ]にします。
その後、続けて[クエリを開く]を選択して、クエリ名に[追加クエリ]を指定します。
マクロに名前を付けて保存します。
すべてのアクションを表示

スポンサーリンク

フォームにコマンドボタンを作成して、[クリック時]イベントに作成したマクロを指定します。
イベント クリック時
または、クリック時イベントのイベントプロシージャをクリックしてVBAを起動します。
イベント クリック時
そして以下のコードを記述します。
VBA
Docmd.SetWarning True を記述しないと、
このAccessファイルのすべてで確認メッセージを表示しないということになります。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

Backstage View

[ファイル]タブをクリックして表示される画面を[Backstage View]と呼びます。 ファイルを開く、保存する、印刷する、保存と送信な ...

循環参照

関数を設定したけど、正しい値が表示されず[0]と表示されるとの質問を受けました。 見ると下のように、SUM関数が挿入されたセルの値は、[0] ...

書き込みパスワードの設定

Office2010での書き込みパスワードの設定方法です。 ここではWord2010で解説しますが、Excel2010やPowerPoint ...

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。 できるだけ、分かりやすく解説しましたので参考にしてくださ ...

重複レコードを削除してマスターテーブルを作成

Access2010でテーブルから、重複レコードを削除してマスターとなるテーブルを作成する方法です。 いくつかの方法があるようですが、1つの ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.