リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

アクションクエリ実行時の確認メッセージを非表示にする

投稿日:2017年1月12日 更新日:

以下のメッセージウィンドウは、追加クエリを実行したときに表示されるメッセージです。
アクションクエリを実行すると、必ずメッセージウィンドウが表示されます。
メッセージウィンドウ

このメッセージを非表示にする方法です。

Accessのオプションから設定

[ファイル]タブから[オプション]をクリックして、[Accessのオプション]ダイアログボックスを表示させます。
[クライアントの設定]で[確認]から[アクションクエリ]のチェックボックスをオフにします。
でも、この設定は各パソコンごとに設定しなければなりません。
クライアントの設定

マクロの作成

マクロで設定しておくと便利です。
[作成]タブから[マクロ]をクリックします。[すべてのアクションを表示]をクリックして
[新しいアクションの追加]で[メッセージの設定]を選択します。
[メッセージの表示]を[いいえ]にします。
その後、続けて[クエリを開く]を選択して、クエリ名に[追加クエリ]を指定します。
マクロに名前を付けて保存します。
すべてのアクションを表示

コマンドボタンのクリック時イベントにマクロを指定

フォームにコマンドボタンを作成して、[クリック時]イベントに作成したマクロを指定します。
イベント クリック時

イベントプロシージャに記述

または、クリック時イベントのイベントプロシージャをクリックしてVBEを起動します。

[イベント]タブの[クリック時]の[...]ボタンをクリックすると、[ビルダーの選択]ダイアログボックスが表示されます。[マクロビルダー、式ビルダー、コードビルダー]から[コードビルダー]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
イベント クリック時

そして以下のコードを記述します。
VBA

Docmd.SetWarning True を記述しないと、このAccessファイルのすべてで確認メッセージを表示しないということになります。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ファイルのパスをコピー

Office2010では、起動中のファイルのパスを簡単に取得してコピーすることができます。 Backstageビューの情報 [ファイル]タブ ...

保護されたビューを表示したくない

ファイルを開くと、度々 表示される[保護されたビュー]の情報バーですが、社内の共有ドライブにあるファイルでも表示されることがあります。 [編 ...

表の代替テキスト

Word2010から、表のプロパティで[代替テキスト]の設定ができるようになりました。 表のプロパティの表示 作成した表内をクリックして、[ ...

スキャンの方法

Windows Vistaまでは、コントロールパネルの中に[スキャンとカメラ]というのがあったのですが、 Windows7は、コントロールパ ...

セクション番号の確認

Wordのセクション区切りは、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループにある[区切り]から[セクション区切り]を選択して挿入します。 ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.