1. 初心者のためのOffice講座
  2. WindowsXP_menu
  3. ムービーメーカー

ムービーメーカー

スポンサーリンク

Windowsムービーメーカーは、Windows XP SP2に搭載されている機能です。
すでにSP2をインストールされている方は、最新バージョンのムービーメーカーをお使いいただけるはずです。

Windowsムービーメーカーのダウンロードについては、↓のサイトを参照してください。
ムービー メーカーを入手する - Microsoft Windows

Windowsムービーメーカーを起動させるには、
「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「Windowsムービーメーカー」をクリックします。
「アクセサリ」ではなく、「すべてのプログラム」の一覧の中にあるものもあります。
スタートメニュー


●ビデオの取り込み

デジタルビデオカメラからビデオを取り込むには、パソコンとビデオカメラを接続して、
ムービー作業ウィンドウから「ビデオデバイスからの取り込み」をクリックして、編集したいビデオを取り込みます。
ビデオデバイスからの取り込み

ビデオの取り込みがうまくいかなない場合は、「ムービー作成のヒント」の「ビデオを取り込む方法」をクリックして参照してください。
ムービー作業

すでにパソコンに取り込んである場合は、「ビデオの読み込み」をクリックします。
ビデオの読み込み

「読み込みファイル」ダイアログボックスが表示されるので、編集したいビデオを選択して「読み込み」ボタンをクリックします。
読み込みファイル

「コレクション」にクリップが表示されます。
コレクション

そのほか、ファイルをコレクションビューへドラッグアンドドロップで取り込むこともできます。

ファイル形式によっては取り込めないものもあります。
エンコーダを使ってファイルを変換すると取り込める場合もあります。
Windows XP の Windows ムービー メーカーでサポートされるファイル形式

Windows Media エンコーダ

「プレビュー」するには、ファイルをダブルクリックします。右側のモニタで確認することができます。
モニタやストーリーボードは境界線をドラッグすることで表示領域を拡大したり縮小したりすることができます。
プレビュー

ムービーに編集する順番で「ストーリーボード」にクリップをマウスでドラッグします。
ストリートボード

挿入したクリップを削除したい場合は、削除したいクリップを選択して「Delete」キーを押します。
あるいは、クリップで右クリックするとショートカットメニューが表示されるので、メニューの中の「削除」をクリックします。
ショートカットメニュー


ストーリーボードは、タイムライン表示に切り替えることができます。

「タイムラインの表示」ボタンをクリックします。
タイムラインの表示

タイムライン表示から、「ストーリーボードの表示」ボタンをクリックして、再度 ストーリーボードに切り替えことができます。
ストーリーボードの表示


●ビデオクリップの分割

「コンテンツ」ウィンドウかあるいはストーリーボード/タイムラインで、分割したいクリックを選択します。
モニタの@「再生」ボタンをクリックして、クリップを分割したい部分で@「一時停止」ボタンをクリックします。
再生中は、「再生」ボタンが「一時停止」ボタンに変わります。
再生ボタン
または、Aのシークバー上の再生インジゲーターを、分割したい位置にドラッグします。
Bの「分割」ボタンをクリックします。
また、Cのボタンを押すと、モニタが全画面表示になります。元に戻す場合は、「Esc」キーを押します。
分割ボタン
↓のように分割することができます。
分割

この分割機能を使って、不要な部分をカットすることができます。
Blogのムービーメーカー(クリップのカット)で解説しています。


●ビデオクリップの結合

ストーリーボードで結合したい連続したクリップを「Ctrl」キーを押しながら、選択します。
連続する複数枚のクリップを結合する場合は、最初のクリップを選択して「Shift」キーを押して、最後のクリップをクリックします。
メニューバーの「クリップ」から「結合」をクリックします。
クリップメニュー

クリップが結合されます。
クリップの結合

結合できるのは、隣接したクリップのみです。
詳細は、↓のサイトを参照してください。
Windows ムービー メーカーでクリップを操作する - Windows Vista ヘルプ


●クリップのトリミング

クリップをストーリーボード/タイムラインに追加します。
クリップの開始部分や終了部分をトリミング(非表示)することができます。
↓のようにトリミングハンドルをクリックしてドラッグします。↓は開始部分をトリミングします。
クリップのトリミング

↓は、終了部分をトリミングします。
ドラッグ

トリミングポイントを解除して元に戻すには、クリップを選択したあとメニューバーの「クリップ」から「トリミングポイントを解除」をクリックします。
また、トリミングポイントの設定は このクリップメニューから選択することもできます。
クリップメニュー

●ビデオ特殊効果
作業ウィンドウの「ビデオ特殊効果の表示」をクリックします。
ビデオ特殊効果の表示

たくさんの特殊効果が表示されます。効果をつけたいクリップに特殊効果を選択してドラッグします。
モニタの再生ボタンで確認してみてください。
特殊効果

特殊効果を加えるとクリップの左下に星アイコンが表示されます。
特殊効果を削除したりする場合は、この星アイコンを右クリックしてショートカットメニューを表示させて選択します。
メニューの中の「ビデオ特殊効果」をクリックすると、
ビデオ特殊効果

↓のように「ビデオ特殊効果の追加または削除」ダイアログボックスが表示されます。
特殊効果を追加したり、削除したりすることができます。
ビデオ特殊効果の追加または削除


●ビデオ切り替え効果の表示

作業ウィンドウの「ビデオ切り替え効果の表示」をクリックします。
ビデオ切り替え効果の表示

さまざまな切り替え効果が表示されます。
任意の切り替え効果を選択して、クリップとクリップの間へドラッグします。
ドラッグ

挿入した切り替え効果のマークを選択して、右クリックします。
ショートカットメニューの中から「ストーリーボードの再生」をクリックすると、モニタで確認することができます。
ストーリーボードの再生


●タイトルまたはクレジットの作成

作業ウィンドウの「タイトルまたはクレジットの作成」をクリックします。
タイトルまたはクレジットの作成

「ムービーの最初にタイトルを追加する。」を選択します。青い文字部分「最初にタイトル」をクリックします。
最初にタイトルを追加する

タイトルのテキストを入力します。
↓のように2行表示にすることもできます。
アニメーションや文字の色などを変更したい場合は、「詳細オプション」から選択して変更します。
タイトルのテキストを入力

「タイトルアニメーションを変更する」をクリックして、「新聞」に変更しました。
タイトルの編集が終ったら、「終了、タイトルをムービーに追加する」をクリックします。
終了、タイトルをムービーに追加

ストーリーボードにタイトルを挿入することができました。
ストーリーボードにタイトルを挿入

クレジットも同じように挿入することができます。
ムービーの最後にクレジットを追加する

最後にクレジットを挿入することができました。
クレジットの挿入

一度完成したあとでも、画像やビデオを途中に追加することができます。
ストーリーボードに画像やビデオをドラッグするだけです。
ムービーメーカーの画像、ビデオの追加を参照してください。

タイトルやクレジットも再編集することができます。選択してダブルクリックするといいです。
タイトルやクレジットの編集を参照してください。


●コンピュータに保存

モニタで最終確認をしたら、保存します。
作業ウィンドウの「コンピュータに保存」をクリックします。
コンピュータに保存

「ムービーの保存ウィザード」が表示されます。
ファイル名を入力、保存場所を「参照」ボタンをクリックして選択します。
「次へ」のボタンをクリックします。
ムービーの保存ウィザード

そのまま「次へ」のボタンをクリックします。
ムービーの設定

ムビーの保存が開始されます。
ムービーの保存の開始

「「完了」をクリックしたらときに、ムービーを再生する」にチェックをつけておくと、
自動的にWindows Media Playerが起動して、ムービーを確認することができます。
ムービーの保存ウィザードの完了


●プロジェクトの保存

メニューバーの「ファイル」から「名前をつけてプロジェクトを保存」をクリック。
ファイル名をつけて保存します。
そうすると、ムビーメーカーを起動後、プロジェクトを開いてすぐに編集することができます。
ファイルメニュー


●音楽をつけるには

作業ウィンドウから「オーディオまたは音楽の読み込み」をクリックします。
オーディオまたは音楽の読み込み

「読み込みファイル」ダイアログボックスが表示されるので、音楽ファイルを選択して「読み込み」ボタンをクリックします。
音楽ファイルの選択

音楽ファイルを選択して、タイムラインの「オーディオ/音楽」へドラッグします。
ドラッグ

ムービーに合わせて、トリミングすることもできます。
トリミング

また、右クリックしてショートカットメニューから「フェードアウト」などの設定も可能です。
フェードアウト

ビデオの音と、取り込んだ曲の音を調整することもできます。
ムービーメーカーのオーディオ


再生中のビデオから画像を撮影することもできます。
Blogのムービーメーカー(ビデオから画像を撮影)を参照してください。

ナレーションを挿入することもできます。
Blogのムービーメーカー(ナレーションの挿入)を参照してください。

もし、間違ったと思ったも慌てず、ツールバーの「元に戻す」ボタンを利用してください。
元に戻す

作業ウィンドウの「ムービー作成のヒント」を参照しながら、操作するとよりわかりやすいと思います。
ムービー作成のヒント


一度、ムビーメーカーで編集して そのまま終了させると、
次回 起動したときに、前回 使用した画像やビデオがコレクションに表示されます。

不要な画像やビデオは削除します。
画像やビデオを選択して、「Delete」キーを押します。
あるいは、右クリックしてショートカットメニューから「削除」をクリックします。
「Ctrl」キーや「Shift」キーを使ってまとめて削除することもできます。

一気に削除する方法も紹介しています。↓を参照してください。
ムービーメーカーで読み込んだ画像を一気に削除するには

削除


ムービーメーカーで動画を回転させる方法も解説しています。
Vistaのムービーメーカーでの解説ですが、XPでも同じように操作できます。
動画の回転

すばやくムービーを作成するには「オートムービー」がお勧めです。
Vistaのサイトですが、オートムービーで解説しています。

Tweet


WindowsXP menuページへ

Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る