Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

フィルターのテキスト検索ボックスの活用

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのフィルターを使うとデータを簡単に抽出することが出来て便利ですね。

でも、表示されるデータの一覧が多いと、その中から目的のテキストを見つけるのも大変です。

そういう場合に便利な方法です。

オートフィルターの設定

データ内のセルをクリックして、[データ]タブにある[並べ替えとフィルター]グループの[フィルター]をクリックします。

データの各フィールドにオートフィルターが設定されます。

各列の見出しに▼が表示されます。

▼ボタンをクリックします。

そうすると、メニューの中のテキストフィルターに[文字検索ボックス]があります。

データタブのフィルター

テキストフィルター

テキストフィルターのテキストボックスで、キーワードを[含む]検索ができます。

下は、[テキストフィルター]に[T]の字を入力したところです。

[T]を含む[製品コード]が抽出されます。

抽出したいデータが目的のものであれば、このまま[OK]ボタンをクリックします。

Tを含む[製品コード]のレコードが抽出されます。

もし、該当するデータがない場合は、[該当なし]と表示されます。

おすすめフィールドに入力されているデータの一覧の数が多く、一覧が長く表示されている場合などは、キーワードで検索したほうが早いですね。

キーワード検索

抽出後は、下のように条件に合致したデータのみが表示されます。

参考これは、データを取り出しているのではなく、条件に合わないデータは非表示になっているだけです。

データの抽出

フィルター抽出の解除

再度、操作対象フィールドのフィルターボタンをクリックすると、下のようになっています。

[製品コード]の[912T]と[W53T]が抽出されているのが分かると思います。

フィルター抽出を解除して元のデータ一覧に戻すには、[すべて選択]をクリックします。

■になっている箇所をクリックします。

すべて選択

すると、下のようにすべてのチェックボックスがオンの状態になります。

[OK]ボタンをクリックします。

これでフィルターが解除されます。

[OK]ボタンをクリック

オートフィルター機能をオフに

また、オートフィルター機能をオフにするには、[データ]タブの[フィルター]をクリックします。

オートフィルターの解除

各フィールドの▼(フィルターボタン)も非表示になり、オートフィルター機能はオフになります。

参考オートフィルター設定時の▼(フィルターボタン)は、印刷されることはありません。

データ一覧

参考また、テキストフィルターの[現在の選択範囲をフィルターに追加する]については、以下の記事で解説しています。

現在の選択範囲をフィルターに追加する

フィルターの追加(現在の選択範囲をフィルターに追加する)

Excelのフィルターを設定した表で、多数のリストの中から検索ボックスを利用して検索した後、続けて検索し、そのリストをフィルターに追加する方 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.