おすすめ記事

同じカテゴリー

重複データを入力したらメッセージを出す



受付番号を入力したときに、既に入力済みの番号であればメッセージを表示して、注意を促したい場合がありますね。その場合の方法です。

テーブル[T_申込]で[受付番号]は[重複なし]の設定にしています。このテーブルを元にフォームを作成します。
[受付番号]のテキストボックスの名前を[txt受付番号]にしています。
フォームデザインビュー

[txt受付番号]のプロパティの[データ]タブにある[入力規則]に以下のように書き込みます。

DCount("*","T_申込","[受付番号]=[txt受付番号]")=0

[T_申込]はテーブル名です。[エラーメッセージ]には、メッセージに表示したい文字列を入力します。
プロパティシート 入力規則

スポンサーリンク

[受付番号]に重複したデータを入力して、次のテキストボックスに移動しようとすると、下のようにエラーメッセージが表示されるようになります。
メッセージウィンドウ

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする