おすすめ記事

同じカテゴリー

日付選択カレンダーの表示



Access2007から、テーブルのデザインビューでデータ型から[日付/時刻型]を選択すると
テーブルデザインビュー

自動的に日付選択カレンダーが表示されます。[データシートビュー]に切り替えて確認してみてください。
カレンダー

このテーブルを元にフォームを作成すると、フォームにも同じようにカレンダーが表示されて便利ですね。
フォーム カレンダー

スポンサーリンク

カレンダーから[今日]ボタンをクリックすると、テキストボックスに今日の日付が表示されます。
今日ボタン

このカレンダーはプロパティで[日付選択カレンダーの表示]から[なし]を選択すると、カレンダーは表示されなくなります。
プロパティシート 日付選択カレンダーの表示


Access2003の時には、[挿入]メニューの[ActiveX コントロール]から[Microsoft カレンダーコントロール11.0]を選択して挿入すると、下のように表示されていました。
ActivXコントロールの挿入

Access2007でも[フォームデザインツール]の[デザイン]タブの[コントロール]グループにある[ActiveX コントロール]に[カレンダーコントロール12.0]がありました。
カレンダーコントロール12.0

Access2010には、カレンダーコントロールはありません。
ですが、[フォームデザインツール]の[デザイン]タブの[コントロール]グループにある[ActiveX コントロール]から
ActiveXコントロール

[Microsoft Data and Picker Control 6.0]を選択して挿入すると、
ActiveXコントロールの挿入

下のように挿入されます。
フォーム デザインビュー

フォームビューに切り替えると、下のようなカレンダーが表示されます。
カレンダー

[Microsoft Data and Picker Control 6.0]は、Access2007にもあります。

Access2010のカレンダーについては、下のMicrosoftの記事をご参照ください。
Access 2010 アプリケーションのカレンダー コントロールを置き換える

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする