おすすめ記事

同じカテゴリー

並べ替え



住所録などを五十音順に並べ替えしたい場合は、並べ替えの基準となるフィールド内であればどこでもいいですから、アクティブセルにします。
書式設定ツールバーの[昇順で並べ替え]をクリックします。
昇順で並べ替えボタン
昇順で並べ替え

複数の基準で並べ替えをしたい場合は、リスト内のどこでもいいですから選択(クリックし)ておいて、メニューバーの[データ]→[並べ替え]をクリック。
[並べ替え]ダイアログボックスを使って並べ替えします。
データメニュー

スポンサーリンク

並べ替えダイアログボックス

●[範囲の先頭行]について
リストの先頭行に列見出しがある場合は[タイトル行]を選択して並べ替えの対象から外します。
列見出しがない場合は、[データ]を選択して並べ替えの対象に含まれるようにします。
Excel2003の場合は、[データ範囲の先頭行]となっています。
並べ替えダイアログボックス


リスト内を部分的に並べ替えをしたい場合は、範囲選択して並べ替えします。
下は、1から5までを範囲選択して降順に並べ替えしたものです。
フィールドの一番左が自動的に並べ替えの基準となります。
先頭行がタイトル行とみなされて並べ替えの対象外になることもありますすが、その場合は、再度同じボタン([昇順で並べ替え]、[降順で並べ替え])を押すといいです。
降順で並べ替え

もし、フィールドを指定してリスト内を部分的に並べ替えをしたい場合は、範囲選択して[並べ替え]ダイアログボックスを使って並べ替えします。
6から10までを選択して、メニューバーの[データ]→[並べ替え]をクリックして、[並べ替え]ダイアログボックスを表示します。
[データ範囲の先頭行]で[データ]を選択すると、優先されるキーがフィールド名ではなく列番号になります。
氏名のフィールド(列B)を選択して[昇順]に並べ替えして[OK]ボタンをクリックします。
列見出しが隣接していない範囲の場合は、自動的に[データ]が選択されます。
並べ替えダイアログボックス

範囲選択内で氏名の昇順に並べ替えをすることができます。
範囲選択内で並べ替え


セルの結合をしている場合の並べ替えについては、Blogの並べ替えで解説しています。
並べ替えがうまく行かない場合は、たとえば[昇順で並べ替え]ボタンをクリックしても五十音順にならない場合などは、Blogの五十音順にならないを参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする