おすすめ記事

同じカテゴリー

ウィルス感染防止のために



OutlookExpressの初期設定では レイアウトはプレビューウィンドウを表示するようになっています。
でも これが一番危険なのです。


受信したメッセージをダブルクリックして開かなくても 
メッセージを選択しただけでメールの内容がわかるプレビューウィンドウは確かに便利ですよね。

でも ウィルスに感染したメールなら 
ダブルクリックで開かなくても プレビューウィンドウで確認しただけで感染してしまうことがあります。


では ウィルス感染防止のためには 次の設定を解除しましょう。まず プレビューウィンドウを表示しないようにしましょう。
メニューバーの[表示]から [レイアウト]をクリックします。
表示メニュー レイアウト


[プレビューウィンドウを表示する]のチェックボックスにチェックが入っていると思います。
チェックボックスをクリックして チェックをはずします。
そして[OK]ボタンをクリックします。
ウィンドウのレイアウトプロパティ

受信トレイを開くと 右側はすべて[メール一覧]になります。
メールを開くときは、開きたいメールを選択して(クリックして)ダブルクリックします。
新しいウィンドウが開きます。
受信トレイ


また メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックします。
オプションダイアログボックス 読み取りタブ

スポンサーリンク


[オプション]ダイアログボックスから[読み取り]タブをクリックします。
[次の時間プレビューするとメッセージを開封済みにする]と
[プレビューウィンドウで表示するメッセージを自動的にダウンロードする]のチェックをはずします。
オプションダイアログボックス 読み取りタブ


HTML形式のメールも読み込まないようにすると より安全です。

上と同じ[読み取り]タブから [メッセージはすべてテキスト形式で読み取る]にチェックを入れます。
メッセージはすべてテキストで読み取る


[セキュリティ]タブの設定は 初期設定ではおそらく下のようになっているとは思いますが、
一応、確認してください。

ウィルス防止の
[制限付きサイトゾーン(安全性が向上します)]と
[他のアプリケーションが私の名前でメールを送信しようとしたら警告する]にチェックを入れます。

ウィルスが勝手にメールを送信することを止める事ができます。
セキュリティタブ


また HTMLメールを送信しないように気をつけましょう。

[送信]タブから、
送信の[受信したメッセージと同じ形式で返信する]のチェックを外します。

メール送信の形式を[テキスト形式]にチェックを入れます。
送信タブ


また、削除したメールを[削除済みアイテム]に残したままにしておくのも不安ですね。
Outlookを閉じるたびに空っぽにする設定もお勧めです。

[メンテナンス]タブの[終了時に[削除済みアイテム]を空にする]にチェックを入れます。
すべたの設定が終ったら、[OK]ボタンをクリックします。
メンテナンスタブ

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする