リンクユニット

Windows7 & Office2010 Outlook2010

メールのクリーンアップ(重複するメッセージの削除)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook2010でメールをクリーンアップする機能です。

スレッドを無視

[ホーム]タブにある[無視]ボタンをクリックすると、選択したスレッドを[削除済みアイテム]フォルダに移動することができます。
ポップアップには、以下のように記されています。

選択したスレッドの現在および今後のメッセージを[削除済みアイテム]フォルダーに移動します。

ホームタブ

下の確認ウィンドウが表示されますので[スレッドを無視]ボタンをクリックします。
スレッドの無視

削除済みアイテムフォルダーを空にする

また、削除済みフォルダーに移動したメールを削除するには、[ファイル]タブを開きます。
[クリーンアップツール]ボタンをクリックして[削除済みアイテムフォルダーを空にする]をクリックします。
ファイルタブ

参考Outlookを閉じるときに削除済みフォルダーを空にすることもできます。設定方法は、削除済みアイテムを空にするをご参照ください。

削除済みアイテムを空にする

受信トレイなどから、削除したメールは[削除済みアイテム]に移動します。 Outllook2010で、削除済みフォルダーを空にする方法です。 ...

続きを見る

重複するメッセージの削除

[ホーム]タブにある[クリーンアップ]をクリックすると、[スレッドのクリーンアップ]、[フォルダーのクリーンアップ]、[フォルダーとサブフォルダーのクリーンアップ]のメニューが表示されます。
この機能を使うと重複したメッセージを削除することができます。
クリーンアップ

上記メニューの[フォルダーのクリーンアップ]をクリックすると、以下のメッセージが表示されます。

現在のフォルダーにあるすべての重複するメッセージは、"削除済みアイテム"フォルダーに移動されます。

Outlookのオプションのスレッドのクリーンアップ

[ファイル]タブの[オプション]をクリックして、[メール]を選択、[スレッドのクリーンアップ]で詳細を設定することができます。
Outlookのオプション

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ピボットテーブルのグループの下に空白行を入れる

ピボットテーブルの各グループの下に空白行を挿入すると、グループを目立たせることができます。 アイテムの後ろに空行を入れる [ピボットテーブル ...

ブックマークとジャンプ

Word2010でブックマークを挿入する方法です。 まず、ブックマークしたい位置、もしくは文字列を選択します。 [ブックマーク]ダイアログボ ...

Webページからメールを送るとき

Webページで[メール]などの文字をクリックすると、メールソフトが自動的に起動することがありますね。 ですが、普段使っているメールソフトと違 ...

保護されたビューとマクロ

あるシステムで印刷しようとするけど、どうしてもできない、Excel2003、Excel2007では動作するけど、Excel2010ではできな ...

ラベルサイズ登録設定(ワード2010)

Word2010でのラベルサイズ登録の方法です。 ラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサ ...

-Windows7 & Office2010 Outlook2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.