Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

オートナンバー型の番号の振り直し(リセット)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのテーブルでフィールドのデータ型を[オートナンバー型]にして、レコードを削除すると、そのレコードは欠番になります。

オートナンバー型

以下のテーブルは、ナンバー1、6、7のレコードが欠番になっています。

レコード削除

オートナンバー型で番号を振り直す簡単な方法です。

注意必ず、テーブルをコピーするなどしてバックアップを取ってからおこなってください。

追加クエリを使って振り直す方法もあります。以下の記事で解説しています。

追加クエリを使ったオートナンバー型フィールドの番号の振り直し

オートナンバー型のあるテーブルでレコードを削除すると、欠番が出てしまいます。 Accessにとっては問題はなくても、見た目としては1から綺麗 ...

続きを見る

以下はMicrosoftのページです。

Access でオートナンバー型フィールドの値をリセットする方法

[オートナンバー型]フィールドの切り取り

テーブルをデザインビューで開いて、[ナンバー]フィールド([オートナンバー型])で右クリックして、ショートカットメニューから[切り取り]をクリックします。

オートナンバー型フィールドの切り取りをします。

切り取り

以下のメッセージウィンドウが表示されます。[はい]をクリックします。

指定したフィールドを削除すると、このフィールドのデータは失われます。よろしいですか?

フィールドを削除する場合は[はい]をクリックしてください。

主キーを設定している場合は、続けて以下のメッセージが表示されます。

[はい]を選択します。

○○フィールドを削除すると、主キーも削除されます。

このフィールドを削除しますか?

参考主キーを設定していない場合も続けてメッセージウィンドウが表示されますが、[はい]をクリックしてください。

以下は、オートナンバー型のフィールドを切り取った状態です。

デザインビュー

行の挿入

一番上の行を選択して、[行の挿入]ボタンをクリックして行を挿入します。

行の挿入

貼り付け

挿入した行を選択して貼り付けします。

以下は、右クリックのショートカットメニューから[貼り付け]を選択しています。

貼り付けのショートカットキー[Ctrl]+[V]でもOKです。

貼り付け

下のように[オートナンバー]型の「ナンバー」フィールドが貼り付けられます。

デザインビュー

参考行の挿入をしなくても、続けて[貼り付け]を実行してもいいのですが、この時、次の行のフィールドが選択されていることを確認してください。

主キーの再設定

主キーを設定していた場合は、再度、主キーを設定します。

主キー

テーブルを開くと、下のように番号が振り直されています。

テーブル

オートナンバー型を振り直す方法はいろいろありますが、この方法が一番簡単なような気がします。

参考オートナンバー型を使わずに自動的に連番を振る方法も解説しています。

オートナンバー型を使わずに自動的に連番を入力

Accessのテーブルでコードなどに、オートナンバー型を使っているとなにかと不便を感じることもあります。 番号に欠番が生じた場合、再度、番号 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.