Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

ルックアップウィザードを使用して値のリストを設定(値を別のテーブルから取得)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのテーブルで、フィールドに入力する値をコンボボックスから選択する方法です。

コンボボックスとは、フィールドの値を入力する代わりに、ドロップダウンリストの中から選択できるようにするものです。

ルックアップウィザードを使って設定する方法を解説します。

ルックアップウィザードでは、リストの値を直接入力して設定する方法と、別のテーブルやクエリに格納されている値を参照する方法があります。

ここでは、別のテーブルの値をリストに表示する方法を紹介します。

コンボボックス

ルックアップ列の値を直接入力して設定する方法については、以下の記事で解説しています。

ルックアップウィザードを使用して値のリストを設定(表示する値を入力して設定)

テーブルのデータ型には、[ルックアップウィザード]というのがあります。 ルックアップウィザードを指定して、ウィザードに従って設定していくと、 ...

続きを見る

コンボボックスに表示するリストのテーブルの作成

まず、コンボボックスに表示するリストをテーブルで作成します。

ここでは、[T_備品]というテーブルを作成しています。

テーブル

主キーの設定

[管理番号]に主キーを設定します。

注意必ず主キーを設定します)

デザインビュー

[データ]型で[ルックアップウィザード]を表示

テーブル[T_sample]をデザインビューで開きます。

[備品名]フィールドの[データ]型で[ルックアップウィザード]を選択します。

ルックアップウィザード

[ルックアップウィザード]が起動します。

[ルックアップウィザードの値を別のテーブルまたはクエリから取得する]を選択して、[次へ]をクリックします。

ルックアップウィザード

テーブルの選択

表示は[テーブル]で、[テーブル:T_備品]を選択します。

[次へ]をクリックします。

ルックアップウィザード

フィールドの選択

[選択可能なフィールド]から、すべてのフィールドを選択して、中央の[>>]ボタンをクリックして、[選択したフィールド]に表示します。

[次へ]をクリックします。

ルックアップウィザード

並びの指定

コンボボックスに表示するときの並びを指定することができます。

管理番号の昇順に並べたいので、[管理番号]を選択して、[昇順]になっていることを確認します。

[次へ]をクリックします。

ルックアップウィザード

列幅の調整とキー列の表示/非表示

列幅を調整します。

ここでは、[キー列を表示しない]のチェックボックスをオンにしたまま[次へ]ボタンをクリックします。

参考列幅は右端の境界線をダブルクリックすると自動的に調整されます。

ヒントには、以下のように記されています。

列幅を調整するには、列の右端をドラッグします。

また、右端をダブルクリックすると、入力した値の長さに合わせて列幅が自動的に調整されます。

ルックアップウィザード

名前を付けて保存

ラベル名付けて[完了]ボタンをクリックします。

ルックアップウィザード

以下のようなメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。

リレーションシップを作成する前にテーブルを保存する必要があります。

保存してもよろしいですか?

ルックアップウィザード

ルックアップ列の詳細設定

フィールドプロパティは、下のようになります。

リスト幅などは、ここで修正することができます。

フィールドプロパティ

項目 機能
表示コントロール セルの編集のためのコントロールを指定します。 [テキストボックス]、[リストボックス]、[コンボボックス]の中から選択します。ここの選択によって、設定項目が変わります。
値集合タイプ テーブル/クエリの値を表示するのか、値リストを使用するかを選択します。 [テーブル/クエリ]、[値リスト]、[フィールドリスト]の中から選択します。
値集合ソース リストに使用する値を指定します。 [値集合タイプ]で[値リスト]を選択した場合は、値をセミコロン(;)で区切って入力します。[テーブル/クエリ]を選択した場合は、SQL文になります。
連結列 リストのどの列がルックアップ列に値として格納されるかを指定します。
列数 リストとして表示する列の数を指定します。
列見出し [はい]を選択すると、リストが表示されるときに、列の見出しが表示されます。
列幅 列の幅をセミコロン(;)で区切って指定します。
リスト行数 リストの行数を指定します。
リスト幅 リスト全体の幅を指定します。
入力チェック [はい]を指定すると、リストにない値を入力できないようになります。
値リストの編集の許可 値集合タイプが[値リスト]のときに、値リストの項目を追加したり、削除することができます。
リスト項目編集フォーム 値リストの編集するのに使うフォームを指定します。

参考この記事を作成した時のAccessのデータベースが旧拡張子(.mdb)だったので、ルックアップのプロパティに[複数の値の許可]がありませんが、新拡張子(.accdb)であれば、[複数の値の許可]という項目があります。

1つのフィールドに複数の値を格納(複数の値の許可)

フィールドの表示コントロールを[コンボボックス]にしていても、クエリで[テキストボックス]に変更することができます。

クエリでテーブルのコンボボックスをテキストボックスに変更

テーブルでは、コンボボックスで選択できるようになっているフィールドでも、クエリではテキストボックスに変更したいということもあります。 クエリ ...

続きを見る

関連Access2003でも解説しています。

ルックアップウィザード

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。私もこれで学習しました。

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.