Windows7 & Office2010 Access2010

Print Friendly, PDF & Email

ルックアップウィザード

投稿日:

Accessのテーブルで、フィールドに入力する値をコンボボックスから選択する方法です。
ルックアップウィザードを使って解説します。
コンボボックス
まず、コンボに表示するリストをテーブルで作成します。
テーブル
[管理番号]に主キーを設定します。(※必ず主キーを設定します)
テーブルの名前は[T_備品]とします。
デザインビュー

テーブル[T_sample]をデザインビューで開きます。
備品名フィールドの[データ]型で[ルックアップウィザード]を選択します。
ルックアップウィザード
[ルックアップウィザード]が起動します。
[ルックアップウィザードの値を別のテーブルまたはクエリから取得する]を選択して、
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
表示は[テーブル]で、[テーブル:T_備品]を選択します。
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
[選択可能なフィールド]から、すべてのフィールドを選択して、
中央の[>>]ボタンをクリックして、[選択したフィールド]に表示します。
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
コンボボックスに表示するときの並びを指定することができます。
管理番号の昇順に並べたいので、[管理番号]を選択して、[昇順]になっていることを確認します。
[次へ]をクリックします。
ルックアップウィザード
列幅を調整します。
ここでは、[キー列を表示しない]のチェックボックスをオンにしたまま[次へ]ボタンをクリックします。
ルックアップウィザード
ラベル名付けて[完了]ボタンをクリックします。
ルックアップウィザード
以下のようなメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。
ルックアップウィザード
フィールドプロパティは、下のようになります。
リスト幅などは、ここで修正することができます。
フィールドプロパティ

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

詳細プロパティの表示

詳細プロパティを表示する方法です。 [ファイル]タブの[情報]をクリックします。 [プロパティ]から[詳細プロパティ]をクリックします。 [ ...

Administratorアカウントを表示させるには

Windows7では、Administratorアカウントは既定で無効になっています。 Administratorアカウントをログオン時に表 ...

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 [T_売上]テーブルは、下のようになっています。[ID]が主キーとなっています。 ...

Anytime Upgrade

ネットブックにWindows7 Starterをインストールしたら、スタートメニューに[Windows Anytime Upgrade]とい ...

変更履歴の記録

Wordには、[変更履歴の記録]という機能がありますが、この機能を他の人と共有で使用するには、そのメンバーが全員 変更履歴の記録という機能を ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.