おすすめ記事

同じカテゴリー

ファンクションキー



IMEツールバー(言語バー)は、[あ]の状態のまま入力して、そのあとにファンクションキーを使って変換できます。
IMEツールバー
usaと入力しました。未確定のままです。キーボードの一番上に[F1]キーから[F12]キーまでが並んでいますね。
そのうちの[F6]、[F7]、[F8]、[F9]、[F10]を使います。
うさ→[F7]を押します。ウサ
うさ→[F8]を押します。ウサ
うさ→[F9]を押します。usa
→もう一度、[F9]を押します。USA
→また、[F9]を押します。Usa
うさ→[F10]を押します。usa
→もう一度、[F10]を押します。USA
→また、[F10]を押します。Usa

スポンサーリンク

まとめてみました。(F9とF10の変換はローマ字入力の場合のみです)

ファンクションキー 変換内容 その他
F6 ひらがな 続けて押すと、最初の文字から1文字ずつカタカナに変換されます。
F7 全角カタカナ 続けて押すと、後ろから1文字ずつひらがなにもどります。
F8 半角カタカナ 続けて押すと、後ろから1文字ずつひらがなにもどります。
F9 全角英数字 1回=すべて全角の小文字
2回=すべて全角の大文字
3回=先頭だけ大文字(全角)
F10 半角英数字 1回=すべて半角の小文字
2回=すべて半角の大文字
3回=先頭だけ大文字(半角)

Wordのファンクションキーについては、Blogのファンクションキーの表示を参照してください。
また、ある文字だけファンクションキーが使えないということがあります。
Blogのファンクションキーで変換できない文字があるを参照してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする