1. 初心者のためのOffice講座
  2. Windows7とOffice2010
  3. Outlook2010_menu
  4. 上書き入力モードで入力しない(Insキーを使用しない)

上書き入力モードで入力しない(Insキーを使用しない)

スポンサーリンク

メールを書いているとき、突然 入力した文字が消えて新しく入力した文字に置き換わってしまって慌てたという経験はないですか?
これは、「挿入モード」が「上書きモード」になってしまったからです。
キーボードから「Insert」キー、あるいは「Ins」キーを知らないうちに押してしまったのでしょう。
「Insert」キーを押すと、上書き入力モードになります。

「Ins」キーって、「BackSpace」や「Delete」キーの近くにあるキーボードが多いので、
間違えて押してしまうことってよくあるようです。

メール作成中に慌てなくて済むようにInsertキーを使用しない設定にしましょう。
「ファイル」タブの「オプション」をクリックします。
ファイル

「Outlookのオプション」から「メール」をクリックして、「メッセージの作成」の「編集オプション」ボタンをクリックします。
メール

「編集オプション」が表示されます。
「詳細設定」をクリックして、「編集オプション」にある「上書き入力モードの切り替えにInsキーを使用する」のチェックボックスをオフにします。
「上書き入力モードで入力する」が無効になっていますが、開いている文書がない場合、このオプションは変更できません。
詳細設定


Tweet



Outlook2010 menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る