Windows7 & Office2010 IME2010

Print Friendly, PDF & Email

自動学習した単語を辞書から削除する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Microsoft IMEには、学習機能がありますが、間違って入力した単語を学習してしまうこともあります。
間違って学習した単語を削除する方法です。

ユーザー辞書ツールの表示

IMEツールバーの[プロパティ]をクリックして、[ユーザー辞書ツール]をクリックします。
言語バーのプロパティ

学習単語を表示

メニューバーの[ツール]から[フィルター]をクリックします。
ユーザー辞書ツール

[フィルター]の[登録種別]の[登録単語]のチェックボックスをオフにして、[学習単語]のチェックボックスをオンにします。
[実行]ボタンをクリックします。
学習単語にチェック

単語の削除

学習した単語の一覧が表示されます。
削除したい単語を選択して、[編集]メニューの[削除]をクリックします。
単語を選択して削除

[削除]メッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。
削除メッセージ

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

フィルハンドルがない

フィルハンドルってご存知ですか?Excelのワークシートでアクティブセルの右下に現れる小さい四角の形のものです。 これって便利ですよね?この ...

チェックでテキストボックスを使用不可にする

Accessのフォームでチェックボックスをオンにすると、指定したコントロールを使用不可にする方法です。 チェックボックスの作成 まず、フォー ...

ピラミッド型グラフを関数で作成

人口ピラミッドを関数を使って、下のようにグラフのように見せる方法です。 使用するREPT関数は、文字列を指定した回数繰り返す関数、縦棒を繰り ...

系列の重なり

下のようなグラフがあって、隣り合っている系列を少し重ねて表示したい場合の設定方法です。 データ系列の書式設定を表示 系列で右クリックして、[ ...

複数項目を[または]でデータ抽出

下のようなデータあって、この中から[担当者]が[山田]または、[売上額]が[100000]より大きいデータを抽出する方法です。注意1行に1つ ...

-Windows7 & Office2010 IME2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.