Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 IME2010

自動学習した単語を辞書から削除する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Microsoft IMEには、学習機能がありますが、間違って入力した単語を学習してしまうこともあります。
間違って学習した単語を削除する方法です。

ユーザー辞書ツールの表示

IMEツールバーの[プロパティ]をクリックして、[ユーザー辞書ツール]をクリックします。
言語バーのプロパティ

学習単語を表示

メニューバーの[ツール]から[フィルター]をクリックします。
ユーザー辞書ツール

[フィルター]の[登録種別]の[登録単語]のチェックボックスをオフにして、[学習単語]のチェックボックスをオンにします。
[実行]ボタンをクリックします。
学習単語にチェック

単語の削除

学習した単語の一覧が表示されます。
削除したい単語を選択して、[編集]メニューの[削除]をクリックします。
単語を選択して削除

[削除]メッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。
削除メッセージ

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

互換モードの確認と新バージョンへの変換

Word97-2003の文書(拡張子doc)をWord2010で開くと、自動的に[互換モード]になり、タイトルバーに[互換モード]と表示され ...

テーマの色を変更する

Office2007から図形を挿入すると、塗りつぶしの色が青色で馴染めない方も多いようです。 これは、テーマによって設定されたものです。 W ...

ピボットテーブルのレイアウト変更

Excel2010でピボットテーブルを作成し、行ラベルに2つ以上のフィールドがある場合、行ラベルは縦に並びます。 レポートのレイアウトの変更 ...

ページの開始番号を変更する

Excelでヘッダーやフッターにページ番号を挿入すると、既定では[1]から始まりますが、表紙をつけるなどで[2]や[3]から開始したい場合が ...

リストの参照範囲の設定

[データの入力規則]の設定で、[元の値]を参照する場合、別シートの範囲も設定できるようになりました。 Excel2007までは、別シートの範 ...

-Windows7 & Office2010 IME2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.