リンクユニット

Windows7 & Office2010 IME2010

自動学習した単語を辞書から削除する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Microsoft IMEには、学習機能がありますが、間違って入力した単語を学習してしまうこともあります。
間違って学習した単語を削除する方法です。

ユーザー辞書ツールの表示

IMEツールバーの[プロパティ]をクリックして、[ユーザー辞書ツール]をクリックします。
言語バーのプロパティ

学習単語を表示

メニューバーの[ツール]から[フィルター]をクリックします。
ユーザー辞書ツール

[フィルター]の[登録種別]の[登録単語]のチェックボックスをオフにして、[学習単語]のチェックボックスをオンにします。
[実行]ボタンをクリックします。
学習単語にチェック

単語の削除

学習した単語の一覧が表示されます。
削除したい単語を選択して、[編集]メニューの[削除]をクリックします。
単語を選択して削除

[削除]メッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。
削除メッセージ

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

検索フォルダーを追加して目立出せる

Outlookで受信メールを度々検索して目的のメールを抽出するなら、検索フォルダーにそのフォルダーを表示しておくと便利です。 新しい検索フォ ...

図形の合成ボタンを追加

PowerPoint2013では、下のように[描画ツール]タブの[書式]タブに図形の結合というコマンドがありますが、PowerPoint20 ...

Wordからブログへの投稿

Word2010でのブログへの投稿方法です。 Wordでは、作成した文章をブログの記事として投稿することができます。 関連Word2007で ...

日付選択カレンダーの表示

Access2007から、テーブルのデザインビューでデータ型から[日付/時刻型]を選択すると、自動的に日付選択カレンダーが表示されます。 デ ...

リボン登場

Outlook2010は、リボンインターフェースです。 (タイトルバーがピンク色なのは、Windows7の個人設定によるものです。) Off ...

-Windows7 & Office2010 IME2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.