Google検索

リンクユニット

HP Builder

Excelデータの挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Excelで作成した表を挿入する方法です。

Excel挿入の機能を使用するためにはExcel97以降のバージョンが必要です。

[Excelファイル挿入ウィザード]の起動

メニューバーの[挿入]→[ファイル]→[Excelファイル]をクリックすると、[Excelファイル挿入ウィザード]が起動します。
挿入メニュー

Excelのワークシートを指定して挿入

[参照]ボタンをクリックして、挿入したいExcelブックを指定します。[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイル挿入ウィザード(ファイルの指定)

Excelが起動されます。
処理の進行状況

指定したExcelブックの中から、挿入したいシートを指定します。[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイル挿入ウィザード(シートの指定)

挿入する対象を指定します。[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイル挿入ウィザード(挿入する対象の指定)

設定内容を確認します。[次へ]のボタンをクリックします。
Excelファイル挿入ウィザード(表の挿入の指定)

[完了]ボタンをクリックします。
Excelファイル挿入ウィザード(完了)

上のように指示にしたがって設定していくと、書式を含めたままで表もグラフも挿入できます。
表とグラフの挿入

コピーして貼り付け

Excelを起動させて、挿入したい表を選択してツールバーの[コピー]ボタンをクリックします。
コピーボタン

そしてビルダーの[ページ編集]でツールバーから[貼り付け]ボタンをクリックして貼り付けます。
貼り付けボタン

この方法だと、グラフはそのままの状態で貼り付けができますが、表の場合、罫線や背景色などが無効になります。
グラフの挿入

ドラッグ&ドロップで

Excelブックのアイコンをビルダーの編集領域へドラッグ&ドロップします。
[Excelファイル挿入ウィザード]が起動します。
アイコンをドラッグ

開くダイアログボックスから

メニューバーの[ファイル]→[開く] [開く]ダイアログボックスのファイルの種類をExcelファイルに指定。挿入したいExcelブックを選択して[開く]ボタンをクリック。
[Excelファイル挿入ウィザード]が起動します。
開くボタンから挿入

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

起動時にサイトを開く

ホームページ・ビルダー起動時に、サイトを自動的に開くように設定できます。 メニューバーの[ツール]から、[オプション]を選択します。 [一般 ...

リンク先ページの表示場所

リンク先のページを表示させるときのウィンドウを設定するには、[属性]ダイアログボックスの[ターゲット]で指定します。 フレームを使用していな ...

少しでも軽くするために

HTMLソースのインデントを0に設定しましょう。 HTMLソースのインデントを0に設定 メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリック ...

ビルダーの検索と置換

サイト内の文字列を置き換えたい時に便利な操作です。 文字列の検索 メニューバーの[編集]から[検索]をクリックします。 [検索]ダイアログボ ...

Web用保存ウィザード

ウェブアートデザイナーを使うとWeb用に画像のファイルサイズを小さくして保存することができます。 メニューバーの[ツール]から[ウェブアート ...

-HP Builder

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.