Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

【セクションの追加】でスライドをグループ単位にまとめる

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2010では、[セクション]という機能が追加されました。

[セクション]とは、ひとつのまとまりのことです。スライドをグループ単位にまとめることができます。

セクションの設定をしておくと、セクション単位で移動したり削除することができます。

また、セクションごとにテーマを変えることも可能ですし、印刷もセクション単位で行うことができます。

すべてのセクションの折りたたみ

セクションの追加

セクションを追加したいスライドを選択して、[ホーム]タブの[スライド]グループにある[セクション]から[セクションの追加]をクリックします。

セクションの追加

プレゼンテーションに新しいセクションを追加します。

セクションの追加

スライドを右クリックして、ショートカットメニューから[セクションの追加]をクリックしても操作できます。

ショートカットメニューの[セクションの追加]

参考セクションの追加は、[標準表示]モードか、[スライド一覧]表示モードで設定します。スライドの表示切替は、以下の記事で解説しています。

【Shift】キーを押した時のステータスバーの表示選択と起動時の表示モード

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

途中のスライドを選択してセクションの追加をすると、それより前のスライドは[既定のセクション]という名前が自動的に付けられます。

既定のセクション

セクション名の変更

選択したスライドの前に[タイトルなしのセクション]が表示されます。

[ホーム]タブの[セクション]から[セクション名の変更]をクリックします。

セクション名の変更

または、[タイトルなしのセクション]で右クリックして、ショートカットメニューから[セクション名の変更]をクリックします。

ショートカットメニューの[セクション名の変更]

セクション名を入力して[名前の変更]をクリックします。

セクション名の変更

参考PowerPoint2016以降は、[セクションの追加]を実行すると、すぐに[セクション名の変更]ウィンドウが表示されるようになっています。

セクションの移動はショートカットメニューから

セクション単位で上や下へ移動することができます。

この移動ボタンは、右クリックのショートカットメニューに表示されます。

セクションを上へ移動

参考[スライド]グループの[セクション]のメニューです。[セクションを上へ移動]、[セクションを下へ移動]メニューはありません。

セクションメニュー

セクションの折りたたみと展開

すべてのセクションを折りたたんだり、展開する場合は、[ホーム]タブの[スライド]グループにある[セクション]をクリックして[すべて折りたたみ]、[すべて展開]をクリックします。

[セクション]の[すべて折りたたみ]と[すべて展開]

または、セクション名で右クリックして、ショートカットメニューから操作します。

セクション名で右クリック

セクションをすべて折りたたむと下のようになります。

以下は、[標準]表示です。

すべてのセクションの折りたたみ

[標準]表示から[スライド一覧]表示に切り替えると、以下のようになります。

[スライド一覧]表示モードでも、セクションの追加を行うことができます。

[スライド一覧]表示モードでセクションの折りたたみ

セクションごとに[折りたたみ]と[展開]

セクション名をダブルクリックして、セクションごとに折りたたみや展開を操作することができます。

または、セクション名の左側の▶ボタンをクリックします。

セクションごとに展開してスライドを確認することもできます。

以下は、[スライド一覧]表示です。

[スライド一覧]表示モードで1つのセクションを展開

セクション単位で印刷指定

セクションを設定すると、印刷もセクションを指定して印刷できます。

キーボードから[Ctrl]+[P]を押すと、Backstageビューの[印刷]が表示されます。

キーボード[Ctrl]+[P]

[印刷]の[設定]を展開すると、[セクション]が表示されます。

印刷したいセクションを指定します。

印刷設定のセクション

参考目的別スライドも同じように印刷指定ができます。

目的別スライドショーは印刷も可能(PDFの作成も)

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。 この[目的別スラ ...

続きを見る

セクション単位でのPDFの作成はできません。

セクションの削除

セクションの削除は、右クリックのショートカットメニューから行います。

削除したいセクションを選択して、右クリックします。

ショートカットメニューの中の[セクションの削除]または[セクションとスライドの削除]、[すべてのセクションの削除]のメニューの中から選択します。

セクションで右クリックした時のショートカットメニュー

また、[ホーム]タブの[セクション]コマンドから行うこともできます。

[ホーム]タブの[セクション]

セクションを削除した場合、そのセクションに含まれていたスライドは、自動的にひとつ前のセクションに取り込まれます。

参考PowrPoint2019には、[ズーム]という機能があります。セクションを作成しておくと、より便利に活用できますし、自動的にセクションが追加される機能もあります。

【ズーム】を使ってプレゼンテーション中にスライドを切り替える

PowerPoint2019では、[ズーム]という機能が追加されました。 プレゼンテーション中にスライドを切り替える方法の一つです。 スライ ...

続きを見る

セクションは、Wordにもあります。

文書の途中からページ番号を設定したい

Wordの[ページ設定]ダイアログボックスには、[先頭ページのみ別指定]の項目があり、このチェックボックスをオンにすると、先頭ページにはペー ...

続きを見る

セクション番号はステータスバーで確認(セクションの挿入と削除)

Wordでは、ページによって用紙サイズや行数、ヘッダー・フッターなどを変更することができます。 そのためには、あらかじめ[セクション区切り] ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.