リンクユニット

Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

セクションの追加

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2010では、[セクション]という機能が追加されました。
[セクション]とは、ひとつのまとまりのことです。Wordでもありますよね。

文書の途中からページ番号を設定したい

Wordの[ページ設定]ダイアログボックスには、[先頭ページのみ別指定]の項目があり、このチェックボックスをオンにすると、先頭ページにはペー ...

続きを見る

セクション番号はステータスバーで確認、セクションの挿入と削除

Wordでは、ページによって用紙サイズや行数、ヘッダー・フッターなどを変更することができます。そのためには、あらかじめ[セクション区切り]を ...

続きを見る

セクションを設定しておくと、セクション単位で移動したり削除したりすることができます。また、セクションごとにテーマを変えることも可能です。

セクションの追加

セクションを追加したいスライドを選択して、 [ホーム]タブの[スライド]グループにある[セクション]から[セクションの追加]をクリックします。
セクションの追加

セクション名の変更

選択したスライドの前に[タイトルなしのセクション]が表示されます。[セクション]から[セクション名の変更]をクリックします。
セクション名の変更

セクション名を入力して[名前の変更]をクリックします。
セクション名の変更

セクションの移動

セクション単位で上や下へ移動することができます。
この移動ボタンは、右クリックのショートカットメニューに表示されます。
セクションを上へ移動

参考[スライド]グループの[セクション]のメニューです。[セクションを上へ移動]、[セクションを下へ移動]メニューはありません。
セクションメニュー

セクションの折りたたみ

セクションを折りたたむと下のようになります。
セクション名をダブルクリックして、折りたたみや展開を操作することもできます。
セクションの折りたたみ

参考途中のスライドを選択してセクションの追加をすると、それより前のスライドは[既定のセクション]という名前が自動的に付けられます。
既定のセクション

セクションの削除

セクションの削除は、セクションを選択して、[セクションの削除]または[セクションとスライドの削除]、[すべてのセクションの削除]のメニューの中から選択します。
セクションを削除した場合、そのセクションに含まれていたスライドは、自動的にひとつ前のセクションに取り込まれます。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ワークシートを新しいブックとして保存

Excelで開いているワークシートを新しいブックとして保存する方法です。読み取り専用シートで行うこともできますし、パスワードがかけられたブッ ...

メディアの圧縮

PowerPoint2010以降には、ビデオなどのメディアを圧縮してくれる機能があります。 メディアの圧縮 [ファイル]タブの[情報]から[ ...

読み取り専用の設定

ファイルを読み取り専用にして、変更されないように設定することができます。 プロパティから設定 読み取り専用にしたいファイルを右クリックして、 ...

オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効

Word2010では、オブジェクトの選択ボタンで図形を囲むようにドラッグしても、これまでのように複数の図形を一気に選択することができません。 ...

コネクタの再接続とは最短距離のポイントに自動的に再接続する機能

図形をコネクタで接続すると、コネクタのショートカットメニューに[コネクタの再接続]というコマンドがあります。これは、[図形間の最短距離にある ...

-Windows7 & Office2010 PowerPoint2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.