Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Outlook2010

iPhoneのメールをパソコンで接続

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook2010でiPhoneのメールを受信する方法です。

Outlook2010を起動して、[ファイル]タブから[情報]タブの[アカウントの追加]をクリックします。

手動設定を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。

自動アカウントセットアップ

[インターネット電子メール]を選択して[次へ]をクリックします。

新しいアカウントの追加

[名前]と[電子メールアドレス]を入力します。

アカウント種類では、[IMAP]を選択します。

受信メールサーバーには、[imap.softbank.jp]

送信メールサーバーには、[smtp.softbank.jp]と入力します。

アカウント名には、iメールのアカウントの部分のみを入力します。

(@以降は必要ありません)

パスワードを入力して、[パスワードを保存する]のチェックボックスをオンにします。

[詳細設定]ボタンをクリックします。

インターネット電子メール設定

[全般]タブで任意の名前を付けます。

[送信サーバー]タブでは、[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]のチェックボックスをオンにして[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]をオンにします。

送信サーバータブ

[詳細設定]タブでは、受信サーバーに[143]、使用する暗号化接続の種類で[なし]を選択します。

送信サーバーには[465]、使用する暗号化接続の種類で[SSL]を選択します。

[OK]ボタンをクリックします。

iPhoneの設定では、[465]になっています。

iPhoneの[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[アカウント]からi.softbank.jpのメールを選択→[アカウント]をタップ。

[IMAPアカウント情報]が表示されます。

[送信メールサーバ]の[SMTP]をタップします。

[プライマリサーバ]をタップします。

iPhone設定

詳細設定タブ

あるいは、送信サーバーは[587]、使用する暗号化接続の種類で[なし]を選択します。

詳細設定タブ

[アカウントの変更]ウィンドウに戻ったら、[アカウント設定のテスト]ボタンを押して、接続を確認します。

下のように送受信とも[完了]になれば、OKです。

このウィンドウは[閉じる]ボタンをクリックして、閉じます。

テスト アカウント設定

[次へ]のボタンを押して、[完了]ボタンを押して閉じます。

セットアップ完了

これで接続がうまくいかない場合は、ウィルス対策ソフトの設定でガードされている可能性もありますので、そちらのほうを確認してみてください。

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Outlook2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.