リンクユニット

Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Internet Explorer8は削除できません

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows7のInternet Explorer8は、アンインストールすることができません。
機能を[無効]にすることはできます。

注意ただ、ほかのブラウザをインストールしないまま無効にすると、Webページを表示することもできなくなりますので気を付けてください。
Internet Explorer以外のブラウザを使用される場合は、そのブラウザをインストールした後に無効の設定をしてください。

Internet Explorer8を無効にする方法です。

コントロールパネルを表示

[スタート]ボタンをクリックして、[コントロールパネル]をクリックします。
スタートメニュー

プログラムと機能

[プログラムと機能]をクリックします。この表記も変わりましたね。
コントロールパネル

Windowsの機能の有効化または無効化

[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。
プログラムと機能

[Internet Explorer8]のチェックボックスをオフ

[Internet Explorer8]のチェックボックスをオフにして[OK]ボタンをクリックします。再起動が必要です。
Windowsの機能

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ピボットテーブルの元データにはテーブルを適用すると便利

ピボットテーブルを作成した後、ピボットテーブルの元データの範囲が変わると、その度に[オプション]タブの[データソースの変更]をクリックしてダ ...

人物情報ウィンドウ

Outlook2010を使っていて、これは便利だと思う機能です。 受信メールのメッセージ選択すると、その差出人のこれまでのメールの履歴が表示 ...

2ちゃんねる系顔文字辞書のインストール

IME2010では、拡張辞書を追加することができます。 マイクロソフトIT用語辞書のインストールは、拡張辞書のインストールで紹介していますが ...

段落先頭の黒い点を消すには

Wordの文書を開くと、段落の先頭に黒い点がついていることがあります。[BackSpace]キーでも[Delete]キーでも削除することがで ...

文末脚注と脚注の作成

[脚注]とは、文書内の文字に対して補足や解説をつけたいときに使用します。 [脚注]は、各ページの最後に表示され、[文末脚注]は、文書やセクシ ...

-Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.