Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Print Friendly, PDF & Email

閲覧の履歴の削除

投稿日:2017年1月7日 更新日:

インターネット一時ファイルなどが溜まりすぎると、さまざまな障害の元になるようです。

時々、保存された情報を削除して快適なPCにしましょう。

閲覧の履歴の削除

IE8を起動すると、右側に[セーフティ]ボタンがあります。
セーフティボタンをクリックして、[閲覧の履歴の削除]をクリックします。
セーフティボタン

[閲覧の履歴の削除]ダイアログボックスが表示されます。
内容をよく読んで、必要な箇所にチェックを入れます。
[削除]ボタンをクリックします。
閲覧の履歴の削除

注意[閲覧の履歴の削除]ダイアログボックスの一番上の[お気に入り Web サイトデータを保持する]ですが、以下のように記されています。

お気に入り Web サイトの基本設定を保持したり、ページを素早く表示したりするために使用される、Cookieとインターネット一時ファイルを保持します。

ここにチェックを入れたまま削除すると、Cookieと一時ファイルは保持されることになります。

[ツール]メニューから表示

[閲覧の履歴の削除]は、メニューバーの[ツール]からも表示することができます。
ツールメニュー

参考メニューバーが表示されていないときは、ツールバーで右クリックしてください。
ショートカットメニューで表示/非表示を選択することができます。
ショートカットメニュー

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

あなたへのおすすめ

関連記事

GmailのIMAP接続

Googleのセキュリティ強化により、OutlookでGmailのIMAP設定ができないことがあります。その場合は、以下のページを参考にして ...

レコード削除時の確認メッセージを非表示にする

Accessでレコードを削除すると、下のように確認メッセージが表示されます。 この確認メッセージは、非表示にすることができます。 Acces ...

アドレス帳を開いたときに最初に表示するアドレスを指定

メッセージの新規ウィンドウでアドレス帳を表示した時に表示するアドレスは、指定することができます。 [ホーム]タブの[アドレス帳]をクリック ...

オートコンプリートのリストを空にする

Outlook2010では、オートコンプリートの候補に表示されるリストをボタン一つで削除することができます。 参考オートコンプリートというの ...

同期センターのオフラインファイルを無効にする

Windows7には、同期センターというのがあります。Vistaからの機能のようです。 この機能がトラブルの原因になることもあるのでご注意く ...

-Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.