リンクユニット

Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

閲覧の履歴の削除

投稿日:2017年1月7日 更新日:

インターネット一時ファイルなどが溜まりすぎると、さまざまな障害の元になるようです。

時々、保存された情報を削除して快適なPCにしましょう。

閲覧の履歴の削除

IE8を起動すると、右側に[セーフティ]ボタンがあります。
セーフティボタンをクリックして、[閲覧の履歴の削除]をクリックします。
セーフティボタン

[閲覧の履歴の削除]ダイアログボックスが表示されます。
内容をよく読んで、必要な箇所にチェックを入れます。
[削除]ボタンをクリックします。
閲覧の履歴の削除

注意[閲覧の履歴の削除]ダイアログボックスの一番上の[お気に入り Web サイトデータを保持する]ですが、以下のように記されています。

お気に入り Web サイトの基本設定を保持したり、ページを素早く表示したりするために使用される、Cookieとインターネット一時ファイルを保持します。

ここにチェックを入れたまま削除すると、Cookieと一時ファイルは保持されることになります。

[ツール]メニューから表示

[閲覧の履歴の削除]は、メニューバーの[ツール]からも表示することができます。
ツールメニュー

参考メニューバーが表示されていないときは、ツールバーで右クリックしてください。
ショートカットメニューで表示/非表示を選択することができます。
ショートカットメニュー

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ペイントで画像を丸くする(Windows7)

ペイントを使って、写真や画像を丸くする方法です。 と言っても、丸い形に見せるというやり方ですが。 WindowsXPおよびWindowsVi ...

Backstage View

[ファイル]タブをクリックして表示される画面を[Backstage View]と呼びます。 ファイルを開く、保存する、印刷する、保存と送信な ...

Wordからブログへの投稿

Word2010でのブログへの投稿方法です。 Wordでは、作成した文章をブログの記事として投稿することができます。 関連Word2007で ...

アニメーションにフリーハンドがない

PowerPoint2010のアニメーションには、[フリーハンド]や[フリーフォーム]はありません。 PowerPoint2007のアニメー ...

ファイルサイズを小さくしたいなら【画像化プレゼンテーション】として保存

作成済みのプレゼンテーションを[PowerPoint画像化プレゼンテーション]として保存することができます。 各スライドが図として保存されま ...

-Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.