Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

ブロックされているコンテンツを許可

投稿日:

ローカルに保存しているHTMLファイルを開くと、ウィンドウの下に
[スクリプトやActiveXコントロールを実行しないよう、Internet Explorerで制限されています。] というメッセージバーが表示されます。
この時、[ブロックされているコンテンツを許可]というボタンをクリックすると、
この情報バーは非表示になります。
情報バー

スポンサーリンク

ですが、毎回表示されるのは面倒ですね。

設定で表示しないようにすることができます。
[ツール]の[インターネットオプション]を起動して、
[詳細設定]タブの[セキュリティ]カテゴリーの
[マイコンピューターのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可する]のチェックボックスをオンにします。
インターネットオプション

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

お勧め記事と広告

関連記事

Windows7でユーザープロファイルをコピーするには

Windows7でユーザープロファイルをコピーしようとすると、[コピー先]のボタンが無効になっていて、 WindowsXPのようにコピーする ...

コメントに画像を表示する

コメントに画像や写真を表示させる方法です。 コメントで右クリックして、ショートカットメニューから[コメントの書式設定]をクリックします。 [ ...

引数が無効ですのエラー

Access2010でデータベースを一つ作成して、 フォームのテキストボックスに文字を入力しようとすると、[引数が無効です。]のエラーメッセ ...

表記ゆれチェック

新機能ではありませんが、便利なので紹介しておきます。 文章の中に[プリンタ]と[プリンター]など、語尾に[ー]が文字列とそうでない文字列があ ...

ファイル制限機能の設定

ある日、新しいパソコンでプレゼンテーションを開こうとしたら、開かない。 ほかのパソコンでは開くのに???いろいろトライするけど開けない。 ネ ...

-Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.