リンクユニット

Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

ブロックされているコンテンツを許可

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ローカルに保存しているHTMLファイルを開くと、ウィンドウの下に
[スクリプトやActiveXコントロールを実行しないよう、Internet Explorerで制限されています。] というメッセージバーが表示されます。

ブロックされているコンテンツを許可

この時、[ブロックされているコンテンツを許可]というボタンをクリックすると、この情報バーは非表示になります。
情報バー

ですが、毎回表示されるのは面倒ですね。

インターネットオプションで設定

[インターネットオプション]の設定で情報バーを表示しないようにすることができます。

[ツール]メニューの[インターネットオプション]をクリックします。
[インターネットオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[詳細設定]タブの[セキュリティ]カテゴリーにある[マイコンピューターのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可する]のチェックボックスをオンにします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
インターネットオプション

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

VBEをボタンから起動するには

AccessでVBEを起動するには、キーボードから[Alt]キーと[F11]キーを同時に押して開くことができますが、クイックアクセスツールバ ...

GmailのIMAP接続

Googleのセキュリティ強化により、OutlookでGmailのIMAP設定ができないことがあります。その場合は、以下のページを参考にして ...

Outlook2010の条件付き書式

Outlook2003や、Outlook2007では、[ツール]メニューから送受信メールを色分けする機能がありました。 メールの色分けの設定 ...

予定表に添付ファイル付きメールをコピーするには

Outlookでは、受信したメールを予定表へドラッグするだけで、予定表に書きこむことができます。でも、添付ファイル付きメールの場合は、添付フ ...

IMEの最新語辞書は既定

IME2010では、[最新語辞書]は既定となっています。 [Microsoft Office IME 2010]の[プロパティ]を開いて確認 ...

-Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.