Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Print Friendly

ブロックされているコンテンツを許可

投稿日:

ローカルに保存しているHTMLファイルを開くと、ウィンドウの下に
[スクリプトやActiveXコントロールを実行しないよう、Internet Explorerで制限されています。] というメッセージバーが表示されます。
この時、[ブロックされているコンテンツを許可]というボタンをクリックすると、
この情報バーは非表示になります。
情報バー

スポンサーリンク

ですが、毎回表示されるのは面倒ですね。

設定で表示しないようにすることができます。
[ツール]の[インターネットオプション]を起動して、
[詳細設定]タブの[セキュリティ]カテゴリーの
[マイコンピューターのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可する]のチェックボックスをオンにします。
インターネットオプション

お勧め記事と広告

関連記事

積み上げグラフ2本を横に並べるには

前年対比が分かるグラフを作成するように求められたら、すぐに作成できますか? たとえば、下のようなグラフであれば簡単にできますね。 ですが、項 ...

接続が切れたコネクタを再び接続する

Wordで2つのオートシェイプをコネクタで一度接続します。その後、コネクタだけを移動させると、接続が切れてしまいます。 いったん接続が切れた ...

箇条書きの文字を小さくしたくない

いつも箇条書きでレベル下げを行うと、フォントサイズまで小さくなってしまうのだけど、なぜですか? そういう質問を受けることがあります。 なるほ ...

スマートアート

スマートアートの種類が増えました。 Office2007では115個 Office2010では185個 [挿入]タブの[図]グループにある[ ...

重複の削除

Excel2007以降には、[データ]タブに[重複の削除]というコマンドがあります。 ポップヒントにも書かれていますが、重複する行を削除して ...

-Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.