Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Print Friendly

ブロックされているコンテンツを許可

投稿日:

ローカルに保存しているHTMLファイルを開くと、ウィンドウの下に
[スクリプトやActiveXコントロールを実行しないよう、Internet Explorerで制限されています。] というメッセージバーが表示されます。
この時、[ブロックされているコンテンツを許可]というボタンをクリックすると、
この情報バーは非表示になります。
情報バー

ですが、毎回表示されるのは面倒ですね。

設定で表示しないようにすることができます。
[ツール]の[インターネットオプション]を起動して、
[詳細設定]タブの[セキュリティ]カテゴリーの
[マイコンピューターのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可する]のチェックボックスをオンにします。
インターネットオプション

あなたへのおすすめ

関連記事

起動時のレイアウトを変更するには

PowerPointを起動すると、既定では[タイトル スライド]のレイアウトが表示されます。 この起動時のレイアウトを変更する方法です。 [ ...

更新履歴の表示

Access2007からのファイル形式である[ACCDB]では、メモ型フィールドで変更履歴を保存することができます。 テーブルの[備考]フィ ...

1ページに収めて印刷するには

Excel2010でA4の縦一枚に印刷したいけど、少しだけページからはみ出してしまう。 余白の調整で1ページに収める方法もありますが、[縮小 ...

ピボットテーブルのグループの下に空白行を入れる

ピボットテーブルの各グループの下に空白行を挿入してグループを目立たせることができます。 [ピボットテーブルツール]タブの[デザイン]タブにあ ...

リアルタイムプレビューの無効化

Office2007からリアルタイムプレビューという機能がありますが、古いパソコンなどでは動作が重くなるようです。 リアルタイムプレビューは ...

-Windows7 & Office2010 Internet Explorer8

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.