リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

Print Friendly, PDF & Email

保護されたビューとマクロ

投稿日:2017年1月9日 更新日:

あるシステムで印刷しようとするけど、どうしてもできない、Excel2003、Excel2007では動作するけど、Excel2010ではできないとのことでした。

私もあれこれやってみて、どうにか印刷できる方法が分かりました。

まず、そのシステムの[印刷]ボタンをクリックすると、ウィンドウの下にバーが表示されます。
[○○を開くか、または保存しますか?ファイルを開く、保存、キャンセル]から選択するよう求められます。

[開く]をクリックします。そうすると、今度は上部に情報バーが表示されます。
[保護されたビュー このファイルに問題が見つかりました。このファイルを編集すると、コンピューターに被害を与えるおそれがあります。クリックすると詳細が表示されます。]

この[保護されたビュー]のバーをクリックします。
保護されたビュー

そうすると、今度はBackstage Viewが表示されるので、[編集する]のボタンをクリックします。
Backstage View

今度は、[セキュリティの警告 マクロが無効にされました。コンテンツの有効化]というバーが表示されます。
[コンテンツの有効化]ボタンをクリックします。
これでExcelのマクロが動きだし、印刷ができるようになりました。
セキュリティの警告

同じように操作しても、動作しないとの連絡があったので、見てみると[セキュリティセンター]のマクロの設定が[デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする]になっていました。

既定の[警告を表示してすべてのマクロを無効にする]に変更してもらうと、上記の方法で解決できました。

このマクロの設定が[すべてのマクロを有効にする]にしている場合は、[Backstage View]で[編集する]のボタンをクリックした後、[開発]タブからマクロを表示させて、[Auto_Open]を手動で実行させます。
セキュリティセンター

Excel2010では、[Auto_Open]マクロが動作していなかったようです。
一度、Excelファイルを保存してマクロを動作させた後は、情報バーが表示されることもなくすんなり印刷することが出来ました。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

ナビゲーションフォーム

作成したフォームやレポートをクリックひとつで切り替えて、表示できる機能です。これはとても便利です。ただし、accdbの拡張子でなければ、使用 ...

ビデオの作成(ムービーで保存)

PowerPoint2010では、プレゼンテーションのすべてをWMV形式で保存できるようになりました。 [ファイル]タブから[保存と送信]を ...

クエリに四半期を設定

Accessにもピボットテーブルがあります。 Excelほど幅広い機能はないですが、やはりデータ分析には便利です。 テーブルに[日付]フィー ...

no image
Windows7のエディション

Windows7にも種類があります。 Windows7 Starter(スターター) Windows7 Home Premium(ホームプレ ...

複数シートのデータ集計

Excelでは、異なる複数のシートの合計を簡単に求めることができます。3つの方法を紹介します。 集計シートの合計値を求めたい範囲を選択して、 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.