Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

フィルターの追加(現在の選択範囲をフィルターに追加する)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのフィルターを設定した表で、多数のリストの中から検索ボックスを利用して検索した後、続けて検索し、そのリストをフィルターに追加する方法です。

現在の選択範囲をフィルターに追加する

サンプル表の確認

下のようにオートフィルターを設定した表があります。

47都道府県の中から検索ボックスを使用して目的のデータを複数抽出したいと思います。

都道府県などはまだ少ないリストなので、一覧からチェックボックスをオン/オフに設定した方が早いかもしれませんが、このリストが何百となる場合は、検索ボックスを使用した方が効率的です。

フィルター設定の表

[都道府県]の▼フィルターボタンをクリックします。

フィルターのリスト一覧

一回目の検索と抽出

検索ボックスに[愛]と入力して、[Enter]キーを押すと下のように[愛]を含む[愛知県]と[愛媛県]が抽出されます。

この検索ボックスについては、フィルターのテキスト検索ボックスの活用で解説しています。

フィルターリストの抽出結果

[愛知県]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

抽出

[愛知県]のデータのみが抽出されます。

抽出結果

2回目の検索

続いて、検索ボックスに[岡]と入力して、[Enter]キーを押すと下のように[岡]が含まれる[岡山県]と[静岡県]、[福岡県]が抽出されます。

検索ボックスで抽出

一回目のフィルターに追加

先に抽出した[愛知県]はそのままにして、新たに抽出した[岡山県]もフィルターに追加したいので、[岡山県]のチェックボックスをオンにします。

そして、[現在の選択範囲をフィルターに追加する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

現在の選択範囲をフィルターに追加する

そうすると、[愛知県]と[岡山県]をフィルタリングすることができます。

フィルターは上手に使いこなしたいですね。

抽出結果

関連フィルターに関する記事です。

フィルターのテキスト検索ボックスの活用

Excelのフィルターを使うとデータを簡単に抽出することが出来て便利ですね。 でも、表示されるデータの一覧が多いと、その中から目的のテキスト ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.