リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

更新履歴の表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2007からのファイル形式である[ACCDB]では、メモ型フィールドで変更履歴を保存することができます。

テーブルの[備考]フィールドでデータ型を選択します。フィールドプロパティの[追加のみ]で[はい]を選択します。
メモ型 フィールドプロパティ

このテーブルを元にフォームを作成します。
フォームにコマンドボタンを設置して、プロパティの[クリック時]イベントに以下のように入力します。

ColumnHistry(テーブル名,フィールド名,条件)とします。

クリック時 イベント

[備考欄の履歴]ボタンをクリックすると、下のようにメッセージボックスに履歴が表示されます。
履歴メッセージボックス

参考Access2013には、メモ型はありません。

Access 2013 で廃止、変更された機能 - Access

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


推奨管理人一押しのテキストです。私もこれで学習しました。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

検索ボックスが消えた

Windows7では、[スタート]ボタンをクリックすると、[すべてのプログラム]のすぐ下に[検索ボックス]が表示されます。 ある日、検索しよ ...

辞書の自動バージョンアップ

これまで最新後辞書などは、マイクロソフトのサイトから、手動でアップデートしてきましたが、IME2010では、その必要がありません。 自動でバ ...

ビデオのスタイルの種類

PowerPoint2010では、ビデオのスタイルの種類が増えました。 [書式]タブの[ビデオスタイル]グループにある▼ボタンをクリックしま ...

オプショングループの作成

Access2010でオプショングループを作成する方法です。画像はAccess2010ですが、ほかのバージョンもほとんど変わらないと思います ...

3つの新しい段落番号の書式

Word2010では、新しい番号書式が追加されています。 下は、Word2007の[新しい番号書式の定義]ダイアログボックスです。 新しい番 ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.