Google検索

Windows7 & Office2010 Access2010

更新履歴の表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Access2007からのファイル形式である[.accdb]では、[メモ型]フィールドで変更履歴を保存することができます。

参考Access2013以降は、[長いテキスト]という名称になっています。

メモ型を選択

テーブルの[備考]フィールドでデータ型[メモ型]を選択します。

フィールドプロパティの[追加のみ]で[はい]を選択します。

右側のヒントには、以下のように記されています。

このフィールドの履歴を収集しますか?

メモ型 フィールドプロパティ

コマンドボタンのクリック時イベントに入力

このテーブルを元にフォームを作成します。

フォームにコマンドボタンを設置して、プロパティの[クリック時]イベントに以下のように入力します。

参考IDは数値型です。

ColumnHistory(テーブル名,フィールド名,条件)とします。

MsgBox ColumnHistory("T_商品一覧", "メモ", "[ID]=" & Nz([ID], 0))

クリック時 イベント

[備考欄の履歴]ボタンをクリックすると、下のようにメッセージボックスに履歴が表示されます。

履歴メッセージボックス

参考Access2013には、[メモ型]はありません。[長いテキスト]という名前に変更されています。

同じように履歴を表示することができます。

Access 2013 で廃止、変更された機能 - Access

変更履歴テーブルを作成することもできます。以下の記事で解説しています。

変更履歴テーブルの作成

追加クエリを使用して、テーブルに変更履歴を残す方法です。 参考ここでは、ウィンドウの表示は[ウィンドウを重ねて表示する]の設定にしています。 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.