リンクユニット

Google検索

Windows7 & Office2010 Access2010

重複データが入力されたらメッセージを出す

投稿日:2017年1月12日 更新日:

フォームで受付番号を入力するように作成しています。

受付番号を入力したときに、既に入力済みの番号であればメッセージウィンドウを表示して、重複した番号の入力を防ぐ方法です。

[登録済みの番号です。受付番号を確認してください。]のメッセージウィンドウ

フォームの確認

テーブル[T_申込]で[ID]は[オートナンバー型]、[受付番号]の[インデックス]は[重複なし]の設定にしています。

このテーブルを元にフォームを作成します。

ここでは、[受付番号]のテキストボックスの名前を[txt受付番号]にしています。テーブルの[受付番号]とフォームの[受付番号]を識別するためです。

フォームデザインビュー

テキストボックスの[入力規則]へ入力

テキストボックス[txt受付番号]のプロパティを表示します。

参考プロパティシートは、[F4]キーで表示/非表示の切り替えができます。

[txt受付番号]のプロパティの[データ]タブにある[入力規則]に以下のように書き込みます。

DCount("*","T_申込","[受付番号]=[txt受付番号]")=0

[T_申込]はテーブル名です。

[エラーメッセージ]には、メッセージウィンドウに表示したい文字列を入力します。

ここでは、[登録済みの番号です。受付番号を確認してください。]と入力しています。

プロパティシート 入力規則

参考条件を追加したい場合は、And 演算子を使用して組み合わせて指定します。検査式にフィールド名を使用する場合は、半角カッコ[[]]で囲みます。

以下は、Microsoftのヘルプページです。簡単な例も記載されているので分かりやすいと思います。

入力規則を使ってデータ入力を制限する - Access

[入力規則]プロパティについては、以下の記事でも解説しています。

[入力規則]プロパティでフィールドの文字数を制限する

Accessでテキストボックスに入力できる文字数を制限する方法です。テーブルのフィールドサイズで文字数を制限できますが、[入力規則]プロパテ ...

続きを見る

フォームビューで確認

フォームビューに切り替えて確認します。

フォームの[受付番号]に重複したデータを入力して、次のテキストボックスに移動しようとすると、下のようにエラーメッセージが表示されるようになります。

メッセージウィンドウ

参考Excelでも入力規則を使って、重複データの入力を防ぐことができます。

重複データの入力を[データの入力規則]で禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。 Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で ...

続きを見る

DCount関数について

DCount関数は条件に一致するレコードの件数を求めることができます。

DCount("対象フィールド", "テーブル/クエリ", "条件")

以下は、MicrosoftのDCount関数に関する解説です。

DCount 関数 - Access

関連以下は、Dcount関数に関する記事です。

データがない時(レコードが0の場合)にメッセージウィンドウを表示する

Accessのテーブルでレコードが1件もない時、そのテーブルを元にして作成したフォームを開こうとする場合は、[データがありません]というメッ ...

続きを見る

0を除く平均値を求めるには

Accessでアンケート集計を作成することになりました。 各質問に[0から5]の5段階の評価をつけもらうことにしました。 ただし、[0]は、 ...

続きを見る

重複しないデータの個数とレコードの抽出件数を自動表示

Accessのフォームに重複しないデータの個数を表示する方法を紹介します。 下のようにフォームヘッダーのテキストに部署数の重複しない個数を表 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.