Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

重複データが入力されたらメッセージを出す

投稿日:2017年1月12日 更新日:

受付番号を入力したときに、既に入力済みの番号であればメッセージを表示して、注意を促したい場合がありますね。

その場合の方法です。

テーブル[T_申込]で[ID]は[オートナンバー型]、[受付番号]の[インデックス]は[重複なし]の設定にしています。

このテーブルを元にフォームを作成します。

[受付番号]のテキストボックスの名前を[txt受付番号]にしています。

フォームデザインビュー

テキストボックスの[入力規則]へ入力

テキストボックス[txt受付番号]のプロパティを表示します。

参考プロパティシートは、[F4]キーで表示/非表示の切り替えができます。

[txt受付番号]のプロパティの[データ]タブにある[入力規則]に以下のように書き込みます。

DCount("*","T_申込","[受付番号]=[txt受付番号]")=0

[T_申込]はテーブル名です。

[エラーメッセージ]には、メッセージウィンドウに表示したい文字列を入力します。

ここでは、[登録済みの番号です。受付番号を確認してください。]と入力しています。

プロパティシート 入力規則

フォームビューで確認

フォームビューに切り替えて確認します。

フォームの[受付番号]に重複したデータを入力して、次のテキストボックスに移動しようとすると、下のようにエラーメッセージが表示されるようになります。

メッセージウィンドウ

DCount関数について

DCount関数は条件に一致するレコードの件数を求めることができます。

DCount("対象フィールド", "テーブル/クエリ", "条件")

以下は、MicrosoftのDCount関数に関する解説です。

DCount 関数 - Access

関連以下は、Dcount関数に関する記事です。

データがない時にメッセージを表示する

Accessで、データがないときに[データがありません]というメッセージウィンドウを表示する方法です。 下の例では、[生産停止商品]ボタンを ...

続きを見る

0を除く平均値を求めるには

Accessでアンケート集計を作成することになりました。 各質問に[0から5]の5段階の評価をつけもらうことにしました。 ただし、[0]は、 ...

続きを見る

重複しないデータの個数を求める

Accessのフォームに重複しないデータの個数を表示する方法を紹介します。 下のようにフォームヘッダーのテキストに部署数の重複しない個数を表 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.