Windows7 & Office2010 Access2010

Print Friendly

重複レコードを削除してマスターテーブルを作成

投稿日:

Access2010でテーブルから、重複レコードを削除してマスターとなるテーブルを作成する方法です。
いくつかの方法があるようですが、1つの方法として参考にされてください。

下のようなテーブルがあります。このテーブルをもとに[製品コード]と[販売単価]フィールドのみで、重複レコードを削除したテーブルを作成します。
売上テーブル
[作成]タブの[クエリデザイン]をクリックします。
クエリデザイン
[テーブルの表示]が表示されます。[T_売上]テーブルを選択して、[追加]ボタンをクリックします。
テーブルの表示

スポンサーリンク
[T_売上]テーブルから[製品コード]と[販売単価]をデザイングリッドへドラッグします。[実行]ボタンをクリックします。
クエリのデザインビュー
[製品コード]と[販売単価]のみになったことを確認して、このクエリを名前を付けて保存します。
ここでは[Q_製品コード]としています。
クエリの実行


元となるテーブル[T_売上]テーブルをコピーして、貼り付けます。
売上テーブルのコピー
貼り付けようとすると、[テーブルの貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。
テーブル名には、分かりやすい名前を入力します。ここでは[T_製品コードマスター]としています。
[貼り付けの設定]で[テーブル構造のみ]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
テーブルの貼り付け
作成したテーブル[T_製品コードマスター]をデザインビューで開きます。
デザインビューの選択
重複レコードを削除したい[製品コード]に主キーの設定をします。
製品コードに主キー
そして、[販売単価]フィールドを残し、後のフィールドは削除します。テーブルは保存して閉じます。
このテーブルにはレコードはありません。空っぽのテーブルです。
フィールドの設定


[作成]タブにある[クエリデザイン]をクリックします。
[テーブルの表示]から[クエリ]の[Q_製品コード]を選択して[追加]ボタンをクリックします。
テーブルの表示
[Q_製品コード]にある2つのフィールドをデザイングリッドに追加します。
そして、[クエリの種類]から[追加]をクリックします。
追加クエリ
[追加]ダイアログボックスが表示されます。追加先のテーブル名には先ほど作成した空っぽのテーブル[T_製品コードマスター]を選択して、[OK」ボタンをクリックします。
テーブルの追加
[実行]をクリックします。
追加クエリの実行
[○○件のレコードを追加します。]というメッセージウィンドウが表示されますので、[はい]をクリックします。
[○○件のレコードを追加します。]というメッセージウィンドウ
今度は、[追加クエリですべてのレコードを追加できません。]というメッセージウィンドウが表示されます。
[はい]をクリックします。
追加クエリですべてのレコードを追加できません。ウィンドウ
[T_製品コードマスター]を開くと、求めたいテーブルが作成されていますね。
マスターテーブル
グループ化の機能を使って重複レコードを削除することもできます。Access2013で解説しています。
グループ化で重複レコードを削除したテーブルを作成

お勧め記事と広告

関連記事

ピラミッド型グラフを関数で作成

  人口ピラミッドを関数を使って、下のようにグラフのように見せる方法です。 使用するREPT関数は、文字列を指定した回数繰り返す関 ...

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せる

縦棒を繰り返して棒グラフのように見せることができます。 文字列を指定した回数繰り返す関数と同じ方法で、REPT関数を使用します。 上記Web ...

文字列を指定した回数繰り返す関数

下の表のように点数を星の数で表すと見やすくなりますね。 これは、関数を使うと簡単に作成することができます。 セルC3に[=REPT(&quo ...

オプショングループの作成

Access2010でオプショングループを作成する方法です。画像はAccess2010ですが、ほかのバージョンもほとんど変わらないと思います ...

カレンダーウィザード

Word2003のときには、[標準のテンプレート]の中にあって インターネットに接続しなくてもいつでも カレンダーを作成できていたのですが、 ...

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.