Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Access2010

フォームのアンカー設定

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Accessのフォームで[アンカー設定]をすると、フォームのコントロールをウィンドウのサイズやディスプレイの解像度に合わせて調整することができます。

[アンカー設定]のポップヒントには以下のように記されています。

コントロールをセクションや別のコントロールに関連付けて、そのセクションや別のコントロールが移動またはサイズ変更されたときにコントロールも移動またはサイズ変更されるようにします。

[配置]タブの[位置]グループにあります。

以下の9つのパターンがあります。

  • 左上
  • 左右上に引き伸ばし
  • 右上
  • 上下に引き伸ばし
  • 上下左右に引き伸ばし
  • 上下右に引き伸ばし
  • 左下
  • 左右下に引き伸ばし
  • 右下

アンカー設定

単票フォームのボタン

このアンカーの設定例として、単票フォームに設置したボタンで解説します。

フォームに以下のようなレコード移動のボタンを4つ設定しています。

左から、[先頭のレコードに移動]、[前のレコードに移動]、[次のレコードに移動]、[最後のレコードに移動]です。

ボタンの設置

参考フォームのボタンの作成については、以下の記事で解説しています。

ウィザードを使用した作成方法です。

ウィザードを使ったコマンドボタンの作成

Accessで起動時にメニューフォームを表示した後、ボタンをクリックして目的のフォームを開くようにしたいという要望はよくあります。 コマンド ...

続きを見る

アンカー設定前

アンカーの設定をしていなければ、フォームの大きさが変わってもボタンの位置はそのままです。

アンカー設定なし

アンカー設定(右上)

フォームをデザインビューかレイアウトビューで開いて、4つのボタンを[配置]タブの[アンカー設定]で[右上]に設定します。

既定は、[左上]になっています。

アンカーで右上に設定

アンカー設定後

アンカー設定後、フォームの大きさを変更してみます。

フォームの大きさに合わせて、ボタンの位置はフォームの右上の位置になります。

ボタンのサイズは変更されません。

アンカー右上設定後のフォーム

アンカー設定で、[引き伸ばし]と名前がついているものは、フォームの大きさに合わせて設定したボタンやサブフォームのサイズが使用可能な領域まで引き伸ばされます。

サブフォームなどは、上下左右に引き伸ばされたほうが便利かもしれませんね。

  • 左右上に引き伸ばし
  • 上下に引き伸ばし
  • 上下左右に引き伸ばし
  • 上下右に引き伸ばし
  • 左右下に引き伸ばし

アンカー設定の名前に[引き伸ばし]とついていないものは、位置だけが移動してサイズは変更されません。

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Access2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.