Google検索

リンクユニット

Mac 雑記

iPhoto対応カメラ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

iPhotoに対応しているデジタルカメラを使うとUSBポートで接続して、簡単に写真を取り込むことができます。

今、ほとんどのデジタルカメラには、パソコンと接続するためのUSBケーブルが付属されています。

そのUSBケーブルを使ってMacのUSBポートと接続します。

Macに接続するデジタルカメラのドライバがインストールされていれば、ケーブルを接続してカメラの電源を入れるだけ自動的に認識されます。

関連iPhoto関連の記事です。

iPhoto(デジカメからの読み込み)

MacとデジカメをUSBケーブルで接続します。 接続したカメラがMacに対応したものであれば、自動的にiPhotoが起動して左下にカメラが表 ...

続きを見る

iPhoto(デスクトップ背景に)

iPhotoで編集した写真を簡単にデスクトップ背景に設定することができます。 [フォトライブラリ]を開いて、デスクトップ背景にしたい画像を選 ...

続きを見る

iPhoto(フォトライブラリの新規作成)

iPhotoを終了させます。 Finderから、今の[iPhoto Library]を選択します。 初期設定のままなら、ホームフォルダの中の ...

続きを見る

iPhoto(編集)

Dockから[iPhoto]をクリックします。 写真の読み込み フォルダに保存している写真を読む込みます。 [読み込み]から iPhotoの ...

続きを見る

iPhoto(書き出し)

ファイルとして書き出したい画像を選択します。 写真の書き出し メニューバーの[ファイル]から[書き出し]をクリックします。 [写真の書き出し ...

続きを見る

iPhoto(メールに添付)

写真を選択してメールを起動する方法です。 画像の選択 メールに添付したい写真を選択して、[メール]をクリックします。 サイズの選択 [写真を ...

続きを見る

iPhoto(スライドショー)

iPhotoの[整理]をクリックします。 [スライドショー]をクリックします。 スライドショーの設定 [設定]をクリックします。 [トランジ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Mac 雑記

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.