パスワードの設定

スポンサーリンク

文書にパスワードをつけてみましょう。

メニューバーの[[ツール]から[オプション]をクリックします。
ツールメニュー オプション


オプションダイアログボックスの[セキュリティタブ]をクリックします。
読み取りパスワードボックスにパスワードを入力します。
パスワードは大文字、小文字を区別し、半角英数字、スペース、記号を使えますが、最大文字数は半角15文字です。
オプションダイアログボックス セキュリティタブ


例として、パスワードを[1234]とします。
パスワードボックスに[1234]と半角で入力します。[*]で表示されます。
[OK]ボタンをクリックします。
読み取りパスワード


[パスワードの確認]ダイアログボックスが表示されますので、もう一度同じパスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。
パスワードの確認


ツールバーから[上書き保存]のボタンをクリックして、閉じます。

上書き保存


パスワードを設定した文書を開いてみましょう。
下のようなボックスが表示されますね。
パスワード[1234]と入力して、[OK]ボタンをクリックします。
パスワードを入力してください
パスワード入力

文書が開いたと思います。


では、パスワードを解除しましょう。
メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックして、[セキュリティ]タブを開きます。
読み取りパスワードを削除して、[OK]ボタンをクリックします
オプションダイアログボックス


Excelの場合については、パスワードをつけようで解説しています。
ほとんど同じです。

[名前を付けて保存]ダイアログボックスからも、パスワードの設定をすることができます。
Blogのパスワードをつけたいを参照してください。

[読み取り専用]と[読み取り専用を推奨]も参考になると思います。

Tweet



Word2003 menuページへ
Copyright(c)2001-2014 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.
このページのトップへ戻る