おすすめ記事

同じカテゴリー

罫線ツールバーの使い方



表を作成したら、やはり罫線ツールバーを表示して使ったほうが便利だと思います。

罫線ツールバーは、標準ツールバーの[罫線]をクリックすると表示されます。
罫線ボタン
罫線ツールバー
@罫線を引く
罫線ツールバーを表示した直後は、このボタンがオンになっていてすぐ罫線が引ける状態になっています。
マウスポインタの形が鉛筆の形になります。
罫線を引く以外の場合は、クリックしてオフにしてください。使い方は、ここを参照してください。
セル内に斜線を引いたりすることもできます。

A罫線の削除
表内の罫線を削除します。マウスポインタの形が消しゴムの形になります。
消したい罫線上でクリックするだけでいいです。ちょっと使いにくいかも?(^^)
[罫線を引く]ボタンや[罫線の削除]ボタンを使って、セルを結合したり分割したりすることもできますが、
HIのボタンを使った方が操作しやすいと思います。

B線の種類
罫線の種類を指定できます。
[罫線なし]の活用方法は、[見えない罫線]で紹介しています。
線の種類
C線の太さ
罫線の太さを指定できます。
線の太さ

スポンサーリンク

D罫線の色
罫線の色を変更できます。
罫線の色
E初期では、[外枠]になっていると思います。
▼ボタンをクリックすると、下のようになります。
罫線を追加したり、削除します。
セル内に斜線を引きたい場合は、斜線を引きたいセル内でクリックして、斜線のボタンをクリックします。
[水平線]を引くこともできます。
罫線
F網掛けの色
セルに色をつけることができます。▼ボタンをクリックするとカラーパレッドが表示されます。
カラーパレッドは切り離すことができます。
塗りつぶし
G表の挿入
行列の数値を指定して表を挿入することができます。使い方はここを参照してください。
▼ボタンをクリックすると、行や列を挿入したり、表の幅の調整ができます。
罫線ツールバー
Hセルの結合
隣あった複数のセルを一つに結合することができます。
結合したいセルを選択して、[セルの結合]ボタンをクリックします。
セルの結合
データが入力されたセルを結合すると、各データは改行された状態になります。
セル結合後
Iセルの分割
一つ、または隣り合った複数のセルを列数、行数とも数値で指定して分割できます。
一つのセルを分割する場合は、そのセルをクリックするだけでいいです。
セルの分割
J両端揃え
セル内の文字列の配置を指定できます。
▼ボタンをクリックすると9つの配置例が表示されます。
右クリックのショートカットメニューの中の[セルの配置]からも同じ配置例が表示されます。
セル内の文字列の配置
K行の高さを揃える
選択した範囲内の行の高さを均等に揃えることができます。

L列の高さを揃える
選択した範囲内の列の幅を均等に揃えることができます。

M表のオートフォーマット
表のオートフォーマットで解説しています。

N表のグリッド線を表示しない
表のグリッド線の表示と非表示を切り替えます。

[表のグリッド線の表示]をオンにすると、[罫線なしの線]を表示できます。
表のグリッド線の表示
[表のグリッド線を表示しない]の場合は、[罫線なしの線]は表示されません。
表のグリッド線を表示しない
O昇順で並べ替え
表内のデータを昇順で並べ替えすることができます。ここを参照してください。
結合されたセルがあると並べ替えはできませんので、注意してください。
またタイトル行がある場合にのみ有効です。


P降順で並べ替え
表内のデータを降順で並べ替えすることができます。

QオートSUM
表内の数値を合計することができます。
合計を出したいセル内でクリック。オートSUMボタンをクリックするだけです。
オートSUM
データの数値は半角で入力してください。
また、データを変更して再計算する場合は、再計算を行うセル内で[F9]キーを押します。
表での計算も参照してくださいね。


下は表関連のページです。ご参照ください。

表の作り方
一行増やしたい
[+]と[-]で表作成
表内の並べ替え
表での計算
見えない罫線
表のオートフォーマット
表に連続番号を振りたい
タイトル行の繰り返し
文字列を表に変換
表の解除
2行ずつ色が違う縞模様の表
表の行の途中で改ページしたくない

Word2007での解説ですが、2002や2003でも同じです。
表のセルの間隔

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする