おすすめ記事

同じカテゴリー

図形やテキストボックスを固定する



Wordで図やテキストボックス、図形などを挿入した後、Enterキーを押すと図やテキストボックスまで移動してしまうことがあります。
改行しても挿入した図などを移動させず固定する方法を紹介します。この操作がWord2013から、とても便利になりました。
Word2010までの操作は、以下の記事を参照されてください。
改行しても図を定位置から移動させない(Word2010)
下の画像は、WordにExcelのグラフを貼り付けています。
グラフの挿入

グラフのレイアウトの[文字列の折り返し]は[四角]になっています。
文字列の折り返し

この時、文章の前にタイトルなどを入力しようと改行すると、下のようにグラフまで移動してしまいます。
グラフの移動

スポンサーリンク

改行してもグラフは移動させたくないという場合は、改行する前に次の操作をしてください。
グラフを選択すると、右側にメニューが表示されます。図形やテキストボックスでも操作は同じです。
[レイアウトオプション]をクリックします。既定では、[文字列と一緒に移動する]が選択されています。これを[ページ上で位置を固定する]をクリックして切り替えます。これだけです。
ページ上で位置を固定する

この設定後は、改行してもグラフは移動しません。
グラフは移動しません

[ページ上で位置を固定する]のコマンドは、[書式]タブの[文字列の折り返し]の中にもあります。ポップヒントを記しておきます。
"ページ上で位置を固定する
文字が追加または削除されたときに、ページ上のオブジェクトの位置が変わらないようにします。オブジェクトのアンカーが次のページに移動すると、オブジェクトも移動することにご注意ください。"
ポップヒント

[ページ上で位置を固定する]のコマンドは、オブジェクトが[行内]の場合は無効になります。
この[ページ上で位置を固定する]のコマンドは、どういう設定になっているかを確認するには、[詳細設定]をクリックするとわかります。
既定の[文字列と一緒に移動する]を選択した状態で、[詳細設定]をクリックすると、
詳細設定

下のように[位置]タブの[オプション]にある[文字列と一緒に移動する]のチェックボックスがオンになっています。
文字列と一緒に移動するのチェックはオン

[ページ上で位置を固定する]を選択した状態で、[詳細設定]をクリックすると
詳細設定

[文字列と一緒に移動する]のチェックボックスはオフになっています。
文字列と一緒に移動するのチェックはオフ

Word2010までは、ダイアログボックスを開いて設定していたことが、メニューから簡単に設定できるようになったということですね。


アンカー(碇のマーク)って何?も合わせて読んでいただくと、段落とオブジェクトの関係がより理解できると思います。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする