おすすめ記事

同じカテゴリー

発表者ツール



[発表者ツール]とは、発表者用のモニターにスライドの内容やノートペイン、タイマー、次のスライド、スライドの切替などを表示する機能です。
発表者にとっては、強力な助っ人になります。
[発表者ツール]は、PowerPoint2007からの機能ですが、PowerPoint2010までは2台のモニターを接続しなければ[発表者ツール]を確認することはできませんでした。
発表者ツールを使用する(PowerPoint2007)

PowerPoint2013では、1台のモニターでも確認することができます。

以下のいずれかの操作でスライドショーを実行します。
●[F5]キーを押す。
●[スライドショー]タブノ[スライドショーの開始]グループにある[最初から]または[現在のスライドから]のボタンをクリック。
スライドショータブ
●ステータスバーにある[スライドショー]ボタンをクリック。
ステータスバー
2台のモニターを接続している場合は、自動的に[発表者ツール]の画面に切り替わります。
1台のモニターの場合は、画面で右クリックしてメニューの中から[発表者ビューを表示]をクリックします。
ショートカットメニュー

スポンサーリンク

下のような画面になります。機能ボタンは、左から以下の順に並んでいます。
@ペンとレーザーポインターツール
Aすべてのスライドを表示します
Bスライドを拡大します
Cスライドショーをカットアウト/カットイン(ブラック)します
Dその他のスライドショーオプション
発表者用画面
スライドを拡大表示するのもAのボタンをクリックして、表示したい位置へドラッグするだけです。
左上にある[タスクバーの表示]なども有難い機能ですね。

※ノート表示モードでは、図や画像を挿入して印刷もできるのですが、この発表者ツールでは表示されませんのでご注意ください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする