おすすめ記事

同じカテゴリー

IMAPのデータ保存先変更



Outlook2013のIMAPデータ保存先を変更する方法です。(私が行った環境は、Windows7 32bit、Outlook2013です)
PSTファイルであれば、簡単に保存先を変更することができるのですが、
IMAPのOSTファイルはPSTファイルと同じように変更することはできません。
Outlook データ ファイル (.pst および .ost) の概要 - Outlook - Office.com

IMAPの設定をすると、既定では保存先は
\Users\ユーザー\AppData\Local\Microsoft\Outlook
になります。
この保存場所を変更するには、レジストリを変更する必要があります。
下のページを参考にさせていただきました。
How to move IMAP or EAS data files - Slipstick Systems

スタートメニューの[アクセサリ]から[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

[ファイル名を指定して実行]が表示されます。[名前]のテキストボックスに[regedit]と入力して[OK]ボタンをクリックします。

[レジストリエディター]が表示されます。
Outlook2013の場合は、左側のツリーから
HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office\ 15.0 \ Outlook
を参照します。
※既定では、[ForcePSTPath]は表示されていません。

スポンサーリンク

レジストリには、重要な情報が格納されていますので、変更する前にエクスポートしてバックアップしておいてください。
また、操作は自己責任でお願いします。
[ファイル]メニューから[エクスポート]をクリックして、任意の名前をつけて保存します。拡張子は[.reg]です。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Officeの\ 15.0 \ Outlook を開いたまま
[編集]メニューの[新規]から[文字列値]をクリックします。
[Outlook]を右クリックして[新規]−[文字列値]をクリックしてもいいです。

[ForcePSTPath]と入力します。

その後、[ForcePSTPath]を右クリックして[修正]をクリックします。

[文字列の編集]の[値のデータ]に保存先のパスを正確に入力します。[OK]ボタンをクリックします。

レジストリエディタを閉じます。

Outlookを起動して、IMAPの設定をします。
必ず、レジストリの編集後に再設定してください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする