スポンサーリンク

おすすめ記事

同じカテゴリー

個人情報のチェックはドキュメント検査で



Office2013にも、非表示のデータや個人情報などを自動的にチェックして削除してくれる機能があります。

[ファイル]タブをクリックして、[情報]内容を表示します。
[問題のチェック]ボタンをクリックして、[ドキュメント検査]をクリックします。
ドキュメント検査
[ドキュメント検査]が表示されます。[検査]ボタンをクリックします。
ドキュメント検査
検査結果を確認して、下のようになって、ドキュメントのプロパティと個人情報を削除したい場合は、
[すべて削除]ボタンをクリックします。
すべて削除

スポンサーリンク

ドキュメントのプロパティと個人情報され、下のようになります。
プロパティなどを開いて確認してみてください。情報は消えていると思います。
ドキュメントのプロパティと個人情報が削除されました
再度 情報を書き込みたい場合は、作成者など必要事項を入力後 閉じる前に
作成者
[ドキュメント検査]の[これらの情報をファイルに保存できるようにする]をクリックします。
これらの情報をファイルに保存できるようにする
関連情報
ドキュメント検査(Office2010)

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする