スポンサーリンク

おすすめ記事

同じカテゴリー

前にコピーしたものを貼りつけたい時



コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか?
そんなことはありません。数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます。
クリップボードを使用すると、別のアプリケーションでコピーしたものや、文字列だけでなく画像も貼り付けすることができます。最大24個まで保存することができます。

すべてのOfficeを終了させると、最後にコピーしたものだけがOfficeクリップボードに保存されます。パソコンを再起動させると、クリップボードの内容はすべて削除されます。
最後にコピーしたアイテムは、常にWindowsのシステムクリップボードにもコピーされますが、Officeクリップボードをすべて消去すると、システムクリップボードの内容も消去されます。
各アプリケーションで、[貼り付けボタン]や貼り付けのショートカットキー[Ctrl]+[V]を使用した場合は、Windowsのシステムクリップボードの内容が貼り付けられます。

Officeクリップボードを表示する方法です。
Word2013の場合です。[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあるダイアログボックス起動ツールボタンをクリックします。
ホームタブのクリップボード
クリップボード作業ウィンドウが表示されます。
クリップボード作業ウィンドウ
下はExcel2013です。Wordと同じく[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあるダイアログボックス起動ツールボタンをクリックします。
PowerPointや、Accessにもあります。
Excelのクリップボード

スポンサーリンク

Outlookの場合は、新規メッセージウィンドウを開いた時や、返信メッセージウィンドウを開いた時に表示することができます。
Outlookのクリップボード
文字列を選択して、コピーボタンをクリックするとクリップボードに格納されます。画像も格納することができます。
アイテムの格納
別のアプリケーションを起動して、貼り付けることもできます。ここでは、WordでコピーしたものをExcelのセルへ貼り付けています。
▼ボタンをクリックして、アイテムを個別に削除することもできます。
Excelへ貼り付け
格納したものを一気に削除したい場合は、[すべてクリア]をクリックします。
また、クリップボード作業ウィンドウを閉じる場合は、作業ウィンドウの[閉じる]ボタンをクリックします。
ダイアログボックス起動ツールボタンをクリックして閉じることもできます。
閉じるボタン
作業ウィンドウの下方にあるオプションをクリックして、各設定を行うことができます。
既定では、[Officeクリップボードのアイコンをタスクバーに表示]と[コピー時にステータスをタスクバーの近くに表示]が有効になっています。
クリップボードのオプション
既定のままだと、コピーを行うたびにタスクバーの右下にポップが表示されます。
タスクバーのポップ
また、サイズが大きいアイテムをコピーすると、下のようなメッセージが表示されます。
アイテムは収集されません

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする