おすすめ記事

同じカテゴリー

テキストボックスを含むWeb保存



Excel2013でテキストボックスを含むシートをWeb保存すると、保存後のhtmファイルを開いても、テキストボックスの編集はできません。Excel2003までは、Web保存後のテキストボックスの編集ができたのですが、Excel2007以降はテキストボックスは一度 Web保存にすると、図となってしまいExcelで編集することはできせん。

ワークシートにテキストボックスを挿入します。
テキストボックス
そして、それを[ファイルの種類]から[Webページ]を選択して[保存]をクリックします。
名前を付けて保存
[Webページとして保存する場合、ブックの一部の機能が失われる可能性があります。]というメッセージが表示されます。[はい]をクリックして保存します。
メッセージウィンドウ

スポンサーリンク

フォルダの中には、下のように画像が格納された[.files]というフォルダと、[.htm]ファイルが保存されています。
アイコン
同じようにファイルの種類で[単一ファイルWebページ]を選択して保存することもできます。
名前を付けて保存
この場合は、[.mht]ファイルになります。
アイコン
一度、htmやmhtファイルを閉じた後、再度 Excelを起動してこのファイルを編集しようとしてもテキストボックスの内容は編集することはできません。テキストボックスを選択すると、[図ツール]タブが現れて、図になっていることが分かります。
※Excel2003では、テキストボックスの編集をすることができました。
htmファイル
同じようにWordでもWeb保存ができるのですが、Wordの場合は、htmファイルをWordで開いて、テキストボックスの編集ができます。Wordの場合は、テキストボックスを選択すると、[描画ツール]タブが現れて編集が可能です。
word

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする