おすすめ記事

同じカテゴリー

2つのテーブルから数式フィールドを作成



Excelでデータモデルに追加したテーブルを使って数式フィールドを作成する方法です。

作成した3つの表があります。
下は4月の売上表です。
4月の売上リスト

下は5月の売上表です。
5月の売上リスト

製品名の表です。
製品名テーブル

スポンサーリンク


上記3つの表をそれぞれ、データモデルに追加します。
表内のセルを選択して、[POWERPIVOT]タブの[テーブル]グループにある[データモデルに追加]をクリックします。自動的に範囲を選択して、[テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
データモデルに追加

データモデルにリンクマークが付いたシートが3枚追加されます。下は、それぞれシートの名前を変更しています。
リンクテーブル

[ダイアグラムビュー]をクリックします。あるいは、データモデルウィンドウの右下にある[ダイアルグラムビュー]ボタンをクリックします。
ダイアグラムビュー

下のように[製品名]フィールドでリレーションします。[製品名]テーブルの[製品名]を[4月]、[5月]テーブルの[製品名]へドラッグするだけです。
[ピボットテーブル]をクリックして、新しいシートにピボットテーブルを作成します。
ピボットテーブルの作成

3つのテーブルがフィールドリストに表示されます。
ピボットテーブルのフィールドリスト

ピボットテーブルのフィールドリストに表示されるテーブルの名前は、以下の操作によって変更することができます。[数式]タブの[名前の管理]をクリックします。[名前の管理]ダイアログボックスが表示されます。[編集]ボタンをクリックして、変更することができます。
数式タブ

[名前の編集]ダイアログボックスの名前がピボットテーブルのフィールドリストに表示される名前になりますので、わかりやすい名前にしてください。
名前の編集

[売上4月]と[売上5月]の[売上額]を値フィールドにドラッグします。行アイテムには[製品名]テーブルの[製品名]フィールドをドラッグします。
ピボットテーブル

[POWERPIVOT]タブの[計算フィールド]の[新しい計算フィールド]をクリックします。
4月の売上額と5月の売上額の差を求めたいと思います。
新しい計算フィールド

[計算フィールド]ダイアログボックスが表示されます。[式]のテキストボックスに=を入力して、数式を入力していきます。[を入力すると、補助メニューが表示されますので、その候補の中から選択します。
計算フィールド

=[合計 売上額]-[合計 売上額2]と入力が終わったら、[数式の確認]ボタンを押してエラーがないか確認します。問題がなければ、[OK]ボタンをクリックして閉じます。
数式の確認

[計算フィールド1]が追加されて製品ごとの売上の差を求めることができます。フィールド名は、数式バーで変更するこができます。[計算フィールド]ダイアログボックスは、[計算フィールドの管理]をクリックして再度表示することができます。
計算フィールドの追加と結果

また作成した計算フィールドは、データモデルの計算領域にも記載されます。
データモデル

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする