おすすめ記事

同じカテゴリー

Tabキーで効率的な入力



Excelでオプションなどで何も設定しない状態で、効率的に入力する方法です。※Excelのバージョンは関係ありません。

下のような表があります。
キーボードで文字を入力した後、次のセルへ移動して、表の右端まで移動したら、下の行の先頭へ移動すると
キーボードから指を離すことなく入力ができて便利です。

セルA2に入力して確定後、[Tab]キーを押します。右隣のセルB2に移動します。
セルA1
セルB2に移動します。[Tab]キーを押します。
セルB2
セル[C2]に移動します。[Tab]キーを押します。
セルC2

スポンサーリンク

表の右端まで移動したら、[Enter]キーを押します。
セルD2
セルA3がアクティブになります。
セルA3
表の右端のセルまでは、[Tab]キーで移動して、下の行の先頭セルへ移動するには[Enter]キーを押します。


もう一つの方法としては、まず 入力する範囲を選択して反転させます。

セルA2に入力して確定後、[Tab]キーを押します。右隣のセルB2に移動します。
範囲選択
[Tab]キーで移動します。表の右端のセルに来ても[Tab]キーを押します。
Tabキー
下の行の先頭セルへ移動します。
下の行へ
[Tab]キーを[Enter]キーにすると、セルA2からセルA3というように下へ移動して、次はセルB2へ移動します。
選択した範囲内でのみ移動します。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする