おすすめ記事

同じカテゴリー

ピボットテーブルで累計を求める



Excel2013のピボットテーブルで累計を求める方法です。
ピボットテーブルのレイアウトは、列に[機種]と[年]、行に[販売日]、値に[売上額]となっています。
累計フィールドを追加するために、[売上額]を[値]へドラッグします。
ピボットテーブル

追加した[合計/売上額2]のセルを選択して、右クリックします。ショートカットメニューから[計算の種類]-[累計]をクリックします。
計算の種類

[計算の種類(累計)]の[基準フィールド]で[販売日]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
[販売日]はグループ化をして月単位にしています。
計算の種類(累計)

スポンサーリンク

フィールド名を[合計/売上額2]から[累計]に変更します。
フィールド名変更

右クリックで表示される[計算の種類]については、Microsoftの下のページを参照されてください。
求めたい計算が便利に求められるかもしれません。
ピボットテーブルの値フィールドにさまざまな計算を表示する - Excel


また、ピボットテーブルで前年比を求めるで紹介している方法で、前年比を求めることもできます。
[売上額]を[値]へドラッグします。
※事前に値エリアにドラッグしたフィールド名は、[合計][累計]に変更しています。

ピボットテーブル

そして上記の累計を求めた方法と同じ手順です。右クリックのショートカットメニューの[計算の種類]から[基準値に対する比率]を選択します。
計算の種類

[基準フィールド]は[年]を選択します。[基準アイテム]は[(前の値)]にします。
基準フィールドの選択

フィールド名は[前年比]としています。
ピボットテーブルに前年比を追加

前年比の[100.00%]のフィールドは不要なので、非表示にします。
ピボットテーブル完成

100%積み上げ縦棒(横棒)グラフにパーセンテージを表示する場合も、ピボットテーブルであれば簡単です。
100%積み上げグラフにパーセンテージを表示する

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする