おすすめ記事

同じカテゴリー

PowerPivotのスライサーの配置



Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というのがありました。
powerpivot2010のフィールドリスト
Excel2013のPowerPivotのピボットテーブルには、[垂直スライサー]も[水平スライサー]もありません。
powerpivot2013のフィールドリスト
どこに消えたのだろうと思ったのですが、[POWERPIVOT]タブにちゃんとその機能はありました。

まず、ピボットテーブルで[分析]タブをクリックして、[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。
スライサーとは、ポップヒントにも書いてあるとおり、データのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。
スライサー

スポンサーリンク

[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[社員ID]と[出荷先名]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入
この2つのスライサーを[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って選択します。
スライサーの選択
[POWERPIVOT]タブをクリックして、[スライサーの配置]グループにある[左右に配置]をクリックします。
下のような配置になります。
POWERPIVOTタブ 左右に配置
[上下に配置]をクリックすると、下のような配置になります。
上下に配置
スライサーについての関連記事です。
ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする