おすすめ記事

同じカテゴリー

Excel2013ではリレーションシップを使おう



Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。Vlookup関数を使うより簡単だと思います。

Excelの2枚のワークシートに、それぞれデータがあります。
表内のセルを選択して、[POWERPIVOT]タブにある[データモデルに追加]をクリックします。
データモデルに追加

[テーブルの作成]ダイアログが表示されます。[先頭行をテーブルの見出しとして展開する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。
データモデルにデータが追加されます。
テーブルの作成

もう一つのシートのデータも同じように[データモデルに追加]をクリックしてデータモデルに追加します。
ワークシートのデータ

スポンサーリンク


データモデルには2つのシートが作成されています。
ここでは、[売上]と[製品]シートです。シート名の先頭には、リンクのマークが付きます。
[ダイアグラムビュー]をクリックします。
データモデル

[売上]の[製品コード]と[製品]の[製品名]をリレーションします。各フィールドをドラッグで結ぶだけです。
[ピボットテーブル]をクリックして、ピボットテーブルを作成します。
Accessでないと出来なかったリレーションシップがExcelでも出来るようになったんですね。
Excel2010のPowerPivotでも可能です。
ダイアグラムビュー

ピボットテーブルのフィールドリストには、2つのテーブルのフィールドが表示されます。
ピボットテーブル

下のようにそれぞれのフィールドから組み合わせて、分析したい表を作成することができます。
ピボットテーブルの作成

また、データモデルの追加は、ピボットテーブルの作成時のダイアログボックスにもあります。
シートからデータモデルへ追加
ピボットテーブルの作成ダイアログボックス

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする