おすすめ記事

同じカテゴリー

People Graph



Excel2013の[挿入]タブを見ると、いつの間にかアプリが増えていました。
[People Graph]って何だろう?と、ちょっと触ってみました。
簡単な操作で面白いグラフが出来たので、ここで紹介します。
[挿入]タブの[アプリ]グループにある[People Graph]をクリックします。
挿入タブ
下のようなグラフがサンプルとして表示されます。
サンプルグラフ
右上にある[データ]ボタンをクリックします。
データボタン

スポンサーリンク

タイトルを[アクセス数]に修正します。[データの選択]ボタンをクリックします。
データの選択
サンプルデータが表示され、[Excelスプレッドシートで2つの列を選んでください。]と書かれています。
Excelスプレッドシートで2つの列を選んでください。
事前に準備していた表のデータ部分を選択します。ここでは、セルA2からセルB4まで。
※2列目に数値を入力した表が必要です。
[作成]ボタンをクリックします。
作成ボタン
見やすく分かりやすい絵グラフが作成できました。数値が必ず左側に表示されます。
グラフの完成
右上にある[設定]ボタンをクリックします。
設定
3つの種類の中から選択することができます。クリックするだけです。
種類
[テーマ]は7つあります。これもクリックするだけで変更することができます。
テーマ
[図形]は16個あります。
図形
右上にあるボタンをクリックすると、メニューが表示されます。
イメージとして保存することもできます。
メニュー
元データの数値を変えると、グラフの方もすぐに更新されます。
データ更新
ぜひお試しください。面白いですよ。
追記:2016/1/16
ランダムな数字を生成するRandomGeneratorも同じアドインです。記事をアップしました。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする