おすすめ記事

同じカテゴリー

VLOOKUP関数のエラー回避



Excelでデータを参照する場合、VLOOKUP関数を使います。
下の左の表、セルC2からセルC7には、VLOOKUP関数が入力されていて、右側の表を参照しています。


VLOOKUP関数については、エクセルでデータを検索、引用して転記したい! (VLOOKUP 関数)を参照されてください。(Microsoftのページです。とても分かりやすいです。)


この時に参照するデータがないとエラーが表示されてしまいます。下の表の場合、セルC6です。参照する右のデータ表に参照できるデータがありません。
また、検索値が空欄の場合もエラーになります。下の表の場合、セルC7です。検索値であるセルB7が空欄なのでエラーが表示されます。
エラー表示

VLOOKUPの関数の引数ダイアログボックスです。
VLOOKUPの関数の引数ダイアログボックス

このエラーを回避する方法です。
Excel2003まではIF関数を使用していましたが、Excel2007以降はIFERROR関数を使うと便利です。
数式バー[=]の後ろに[IF]と入力します。
そうすると、下のように補助ポップが表示されますので、[IFERROR]を方向キーやマウス選択して[Tab]キーを押します。
※[Enter]キーではなく、[Tab]キーを押してください。
数式バー

そして、下のように数式の最後に[,"")]と追加します。下のセルへ数式をコピーします。
数式の編集

スポンサーリンク

IFERROR関数の引数ダイアログボックスです。
数式バーのIFERRORの箇所でクリックして、Fx(関数の挿入)ボタンをクリックすると表示されます。
IFERROR関数の引数ダイアログボックス

数式を編集した結果です。エラーは表示されなくなりました。
数式編集後の表

[エラーの場合の値]に["データがありません"]と入力すると、もっと分かりやすいかもしれません。
エラーの場合の値

下のようになります。
数式編集の結果

IFERROR関数については、エラーの場合の値を指定するも参考になると思います。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする