おすすめ記事

同じカテゴリー

添付ファイル型の表示方法



Access2007から登場した添付ファイル型ですが、フォームでの表示方法の違いを紹介します。
下のようなテーブル(デザインビュー)を作成しています。
[画像]フィールドのデータ型は[添付ファイル]です。
テーブルのデザインビュー

データシートビューに切り替えると下のようになっています。添付ファイルには、写真画像を1枚ずつ追加しています。
テーブルのデータシートビュー

テーブルを元に帳票フォームを作成します。[画像]のプロパティを表示します。[表示方法]から[画像/アイコン]を選択します。
[画像/アイコン]を選択

フォームビューに切り替えると、下のように写真が表示されます。
画像表示のフォームビュー


フォームをデザインビューに切り替えて、[表示方法]を[アイコン]に変更します。
[表示方法]を[アイコン]に変更

フォームビューに切り替えると、下のようになります。
添付ファイルにExcelブックや、Word文書を追加すると、それぞれのアイコンが表示されます。
アイコン表示のフォームビュー

表示するアイコンは、添付ファイルをポイントしたときに表示されるミニツールバーから変更することができます。
ミニツールバー


フォームをデザインビューに切り替えて、[表示方法]を[クリップ]に変更します。
[表示方法]を[クリップ]に変更

スポンサーリンク

フォームビューに切り替えると、下のようになります。
クリップマークなり、ファイルの数が表示されます。
クリップ表示のフォームビュー

クリップマークをクリックして、[添付ファイル]ダイアログボックスを表示することができます。
[添付ファイル]ダイアログボックスの表示

また、デザインビューで[画像]をロック([編集ロック]を[はい])すると、
デザインビューで[編集ロック]を[はい]

[添付ファイル]ダイアログボックスの[追加]や[削除]ボタンは無効になります。
[添付ファイル]ダイアログボックス

何かと便利な添付ファイル型です。みなさんにぜひ、活用していただきたいものです。

圧縮可能なファイル形式の一覧などの詳細は、Microsoftのページをご参照ください。
データベースのレコードにファイルやグラフィックスを添付する

添付ファイル型についての関連ページです。
添付ファイル型のフィールド名変更

添付ファイル型ではなく、テキスト型を使って、フォームのイメージコントロールに画像を表示する方法もあります。
イメージコントロールに外部の画像ファイルを表示

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする