おすすめ記事

同じカテゴリー

写真の幅を揃えて挿入するには



自分で撮った写真をWordの文書に貼り付けて、メールの添付で送りたいという方は多いですね。
大きなサイズの写真を数多く送るより、Wordに貼り付けて送ったほうが喜ばれることもあります。

※図を挿入/貼り付ける形式は、既定の[行内]での操作です。
図を挿入/貼り付ける形式
まず、[挿入]タブから[表]をクリックして、表を作成します。
何行、何列にするか決めて、左上のマスから斜めにドラッグすると早いです。
ここでは、3行×3列の表を挿入します。
挿入タブ
表内にカーソルを置いたまま、[レイアウト]タブの[セルのサイズ]グループにある[自動調整]クリックして、メニューから[列の幅を固定する]を選択してクリックします。
レイアウトタブ
挿入したいセル内でクリックして、カーソルがセル内にあることを確認します。
[挿入]タブの[図]をクリックして目的の写真を挿入します。
写真をコピーして貼り付けるのではなく、必ず挿入タブから操作してください。
挿入タブ 図

スポンサーリンク

表の幅を固定しているので、写真の幅は同じ大きさに揃えられますね。
クリップアートの写真を挿入する場合は、セル内でクリックして目的の写真をクリックするだけでOKです。
※現在、Microsoftのクリップアートは終了しています。写真やイラストの素材は、無料イラストなら【イラストAC】がお勧めです。
クリップアート
綺麗に表内に同じ幅で写真を挿入することができました。
写真の挿入
もし、表の枠線を非表示にしたいのであれば、表の左上にある[表選択]ボタンをクリックして、
表選択
[表ツール]の[デザイン]タブにある[罫線]の▼ボタンをクリックして、[枠なし]を選択してクリックします。
枠なし
黒い枠線は消えても、青いグリッド線が表示されるかもしれませんが、このグリッド線は、印刷には関係ありません。
グリッド線
グリッド線も非表示にしたいのであれば、[表ツール]の[レイアウト]タブにある[グリッド線の表示]ボタンをクリックします。
グリッド線の表示ボタン
グリッド線も非表示になりました。
グリッド線の非表示
もし、写真の下に説明文などを入力したい場合は、セル内にカーソルを置いて[レイアウト]タブの[下に行を挿入]をクリックします。
下に行を挿入
そして、その挿入した行に入力します。
行挿入
また、写真を挿入すると文書のサイズも大きくなります。
もし、文書サイズを小さくしたいのであれば、どれでも構いませんので写真を1つ選択して
[図ツール]の[書式]タブにある[図の圧縮]をクリックします。
図の圧縮
[画像の圧縮]ダイアログボックスが表示されますので、[圧縮オプション]の[この画像だけに適用する]のチェックボックスをオフにします。
[解像度の選択]から、目的にあったものを選択して[OK]ボタンをクリックします。
[電子メール用]を選択すると、一番小さくなります。画像の圧縮が参考になると思います。
画像の圧縮ダイアログボックス


2013/07/15追記
Wordのオプションの[詳細設定]の[図を挿入/貼り付ける形式]で[前面]の設定にしている場合、
Wordのオプション
写真を挿入した際に高さがセル内に収まりません。
写真の挿入
その時は、挿入した写真で右クリックして、ショートカットメニューから[文字列の折り返し]→[行内]を選択してください。
文字列の折り返し
セル内に収まるようになります。
結果
関連記事
[列の幅を固定する]の解除

Word2013では、[四角]のまま表に画像を挿入することができます。
詳細は、下の記事を参照してください。
貼り付ける形式が[四角]の画像を表に挿入するには(Word2010)
貼り付ける形式が[四角]でも表に画像を挿入できます(Word2013)

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする