おすすめ記事

同じカテゴリー

PDF作成時にパスワード



Word2010からPDFを作成する時、パスワードを付けることができるようになっています。

PDFファイルの作成

文書をPDFにするには、[ファイル]タブをクリックして[保存と送信]をクリックします。 [ファイルの種類]から[PDF/XPS ドキュメントの作成]を選択して[PDF/XPSの作成]をクリックします。
ファイルタブ

[ファイルの種類]が[PDF(*.pdf)]になっていることを確認して、[オプション]ボタンをクリックします。[オプション]ボタンが表示されますので、そのボタンをクリックします。
PDFまたはXPS形式で発行

普通に[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示して[ファイルの種類]から[PDF(*.pdf)]を選択しても同じです。[名前を付けて保存]ダイアログボックスは、[F12]キーを押して表示することもできます。
名前と付けて保存ダイアログボックス

オプションダイアログボックスの表示

[オプション]ダイアログボックスの[PDFのオプション]にある[ドキュメントをパスワードで暗号化する]のチェックボックスをオンにします。[OK]ボタンをクリックします。
オプション

スポンサーリンク

[PDF ドキュメントの暗号化]ダイアログボックスが表示されます。[パスワードは、6〜32文字で指定してください。]と書かれています。
PDFドキュメントの暗号化

パスワードを2回入力して[OK]ボタンをクリックします。
PDFドキュメントの暗号化

[ファイル名]を付けて、[発行]ボタンをクリックします。
PDFまたはXPS形式で発行

フォルダ内には、下のようにPDFファイルが保存されます。
アイコン

PDFファイルを開く

これで、作成したPDFを開こうとするとパスワードを求めるメッセージウィンドウが表示されます。パスワードを入力して、[OK]ボタンをクリックすると開くことができます。
パスワード

補足

1つ注意していただきたいのは、[名前を付けて保存]で[ファイルの種類]から[PDF(*.pdf)]を選択して、[ツール]の[全般オプション]をクリックすると、パスワードをつけるウィンドウが表示されますが、これは、PDFのパスワードではなく、Word文書のパスワードとなります。
名前を付けて保存

また、Word2010はPDF作成時にパスワードをつけることができますが、ExcelやPowerPointではパスワードを付けることはできません。Office2013、Office2016も同様です。 PDFの作成で解説しています。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする