おすすめ記事

同じカテゴリー

最終更新日時を自動で表示



文書を開いたときに、最終更新日が分かると便利ですね。特に複数人で利用する文書なら、尚更です。

[挿入]タブの[クイックパーツ]から[フィールド]をクリックします。(Word2003では、[挿入]メニューの[フィールド]です。)
挿入タブ

スポンサーリンク

[フィールド]ダイアログボックスが表示されます。
フィールドの選択から、[SaveDate]をクリックします。[日付の書式]から任意の書式を選択します。
[OK]ボタンをクリックします。
フィールドの選択

一度、文書を閉じて 再度開くと日時が更新されます。
[上書き]保存のボタンを押しても、日時は変わりません。
フィールドの挿入

更新された日時をすぐに確認したい場合は、上書き保存後、日時の箇所をクリックしてグレイの状態になった時にキーボードから[F9]キーを押してください。または、グレイ表示の時に右クリックしてショートカットメニューから[フィールドの更新]をクリックします。

自動的に更新される日時や時刻を挿入(Word2016)も参考になると思います。
フィールドコードについては、ルビ(ふりがな)の小技(Word2003)も楽しんでいただけると思います。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする