おすすめ記事

同じカテゴリー

削除する(復元できません)のルールが有効にならない



頻繁に受信する迷惑メールがあって、そのメールを仕分けルールを使って、[削除する(復元できません)]の設定にしているのに、どうしても[迷惑メール]フォルダに移動するだけで、削除はされない。
なぜ、このメールだけ?ずっとおかしいなぁ〜と思っていたのですが、やっと解決しました。

受信拒否リストに登録していたのが原因でした。
迷惑メールの処理レベルを[低(L):迷惑メールであることが明らかなメールを迷惑メールフォルダーに振り分けます。]の設定にしていたので、この設定が優先され、受信したメールは迷惑メールフォルダへ保存されていたんですね。

迷惑メールの処理設定は、迷惑メールのオプションで行います。
[ホーム]タブの[削除]グループにある[迷惑メール]から[迷惑メールのオプション]をクリックします。
迷惑メールオプション

[受信拒否リスト]タブをクリックして、目的のアドレスを選択して[削除]ボタンをクリックします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
受信拒否リスト

迷惑メールのオプションで[迷惑メールを迷惑メールフォルダーに振り分けないで削除する]の設定にすると、削除されますが、これは自動的に迷惑メールに振り分けられるメールも削除されてしまうので、ちょっと危険ですね。
迷惑メールのオプション

スポンサーリンク

受信拒否リストに登録するには、登録したいメールで右クリックして[迷惑メール]→[受信拒否リスト]をクリックするだけです。簡単なので、私はつい受信拒否リストに登録してたんでしょうね。
ショートカットメニュー 受信拒否リスト

やはり個別に迷惑メールに保存しないで削除するには、仕分けルールの[削除する(復元できません)]を活用したほうがいいと思います。
その方法です。
まず設定したいメールで右クリックします。[ルール]から[仕分けルールの作成]をクリックします。
ルール 仕分けルールの作成

[仕分けルールの作成]が表示されます。ここでは、[差出人が次の場合]のチェックボックスをオンにします。そして、右下にある[詳細オプション]ボタンをクリックします。
仕分けルールの作成

[自動仕分けウィザード]で[[差出人]が●●の場合]のチェックボックスがオンになっているのを確認して、[次へ]のボタンをクリックします。
自動仕分けウィザード

ここで、[削除する(復元できません)]のチェックボックスをオンにします。
このチェックボックスをオンにすると、自動的に[仕分けルールの処理を中止する]のチェックボックスもオンになります。[次へ]のボタンをクリックします。
自動仕分けウィザード

次の自動仕分けウィザードは省略可となっているので、何もせず[次へ]のボタンをクリックします。
自動仕分けウィザード

最後です。ルールに名前を付けます。
ステップ2で["受信トレイ"内のメッセージに仕分けルールを適用する]のチェックボックスをオンにすると、完了ボタンを押した後にすぐに仕分けが開始されます。
※画像では"HP"となっていますが、これはHPと名前がついたフォルダ内のメールでルールを作成したためです。
[完了]ボタンをクリックします。
自動仕分けウィザード

最後に作成したルールを削除する方法です。
[ホーム]タブの[移動]グループにある[ルール]から[仕分けツールと通知の管理]をクリックします。
仕分けルールと通知の管理

あるいは、[ファイル]タブの[情報]から[仕分けツールと通知の管理]をクリックします。
[仕分けツールと通知の管理]ダイアログボックスが表示されます。削除したいルールを選択して、[削除]ボタンをクリックします。
仕分けルールと通知

下のように確認メッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。
メッセージウィンドウ

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする