おすすめ記事

同じカテゴリー

スクリーンショット



[挿入]タブの[図]グループに[スクリーンショット]があります。
※WordとExcelは、[挿入]タブの[図]グループ、PowerPointは[挿入]タブの[画像]グループです。
現在開いているウィンドウ画面、または画面の領域の画像をファイルに挿入することができます。
最小化ウィンドウはショットできません。
また、スクリーンショットボタンを押すアプリケーション(自分自身)をショットすることはできません。
WindowsVistaから登場した[Snipping Tool]と同じような機能です。Windows7にも[Snipping Tool]はあります。

ExcelとPowerPointでは、互換モードでもスクリーンショットは有効ですが、Wordの互換モード(.doc)では無効です。
※マウスで[スクリーンショット]のボタンをポイント(マウスでボタンを合わせる)すると、下のようにヒントが表示されます。
ポイント操作も重要ですね。
スクリーンショットのスーパーツールチップ

互換モードでも、スクリーンショットを使用したい場合は、[ファイル]タブの[情報]にある[互換]ボタンをクリックします。
互換モードでも解説しています。
変換ボタン

スポンサーリンク

下のメッセージが表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。
メッセージ

そうすると、スクリーンショットが使用できるようになりますが、文書を保存するときは注意してください。
有効になったスクリーンショット

そのまま保存すると[.docx]で保存されます。
互換モード(旧バージョン)のままにしたい場合は、ファイルの種類から[.doc]を選択して保存するようにしてください。

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする