おすすめ記事

同じカテゴリー

保存されていないブック(文書、プレゼンテーション)の回復



Office2010では、未保存のファイルを回復することができます。

[ファイル]タブの[情報]をクリックします。
[バージョンの管理]をクリックして、[保存されていないブックの回復]をクリックします。
Word2010では[保存されていない文書の回復]、PowerPoint2010は[保存されていないプレゼンテーションの回復]となっています。
情報
[ファイルを開く]ウィンドウが開き、未保存のブックが表示されます。
ブックを選択し、[開く]ボタンをクリックします。
ファイルを開く
情報バーに[復元された未保存のファイル]と表示されています。親切ですねぇーー!
大事なブックであれば、[名前を付けて保存]ボタンをクリックして、すぐに保存したほうがいいですね。
情報バー

スポンサーリンク

[保存されていないブックの回復]は[最近使用したファイル]にもあります。
最近使用したファイル
実は、この機能 早く使ってみたくて わざと[保存しない]をクリックして、閉じてみたんです。
だけど、ブックは見当たらず、何度やっても未保存のブックは現れませんでした。

いくら未保存といっても既定では10分経たないと保存してくれないんですね。
[オプション]の[保存]をみると、
[次の間隔で自動回復用データを保存する]で[10分ごと]になっています。
この間隔は調整することもできますし、回復用データを保存しない設定もできます。
保存
10分以上経ったブックを閉じようとすると、下のようなウィンドウが表示されます。
このウィンドウのとき、[保存しない]を選択しても回復させることができます。
メッセージウィンドウ
このメッセージウィンドウの場合、[保存しない]を選択したら保存されません。
メッセージウィンドウ
既存のファイルを上書きせずに閉じてしまった場合の復元方法は、上書きし忘れたファイルの復元を参照されてください。

また、削除したファイルは、Windows7の復元機能を使って復元させることができます。
上書きしてしまったファイルも復活させることができます。
削除したファイルの復元

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする