おすすめ記事

同じカテゴリー

カラーパレッドに塗りつぶしの色を登録する



Office2010で、カラーパレッドにはない塗りつぶしの色をどのブックからでも使う方法です。

カラーパレットにない色をセルの塗りつぶしに使った場合、同じブック内であればパレットに[最近使用した色]に自動的に登録されるので、2回目以降はカラーパレットの中から選択すればいいのですが、
カラーパレッド
新しいブックを開いたときには、カラーパレットに[最近使用した色]がないので面倒ですね。
新しいブックのカラーパレッド
カラーパレッドにはない色をどのブックからでも簡単に使用できるようにする方法です。
[ページレイアウト]タブの[テーマ]グループにある[配色]から[新しい配色パターンの作成]をクリックします。
配色

スポンサーリンク

[テーマの色の編集]ダイアログボックスでアクセント5をクリックして、色を登録します。
※アクセント1に登録すると、図形を挿入した時の塗りつぶしの色やグラフの一番目の色になるので、
あえて、最後の方を選択しています。
[最近使用した色]の中に目的の色があれば、そこから選択すればよいですが、なければ[その他の色]をクリックして
テーマの色の編集
[色の設定]ダイアログボックスを表示して[標準]タブ、[ユーザー設定]タブから目的の色を選択します。
色の設定
ここでは、[アクセント5]と[アクセント6]に色を登録しました。
名前には[私のテーマ](任意)と入力します。[保存]ボタンクリックします。
テーマの色の編集
[配色]のユーザー定義が表示され、[私のテーマ]が選択されています。
ユーザー定義
カラーパレッドには、登録した色がありますね。
これで、どのブックを開いても、[ページレイアウト]タブの[配色]から[私のテーマ]を選択すると、カラーパレッドには常に登録した色が表示され、ワンクリックで使用できるようになります。
カラーパレッド
もっと便利にするには、[配色]を右クリックして、[クイックアクセスツールバーに追加]をクリックします。
クイックアクセスツールバーに追加
クイックアクセスツールバーに登録されます。
クイックアクセスツールバー
タブを切り替えずにテーマを変更することができます。
テーマのギャラリー
ユーザー定義のテーマを選択するだけで、カラーパレッドには目的の色を表示することができるようになります。
※テーマを変更すると、色は変わります。
Word、Excel、PowerPointなど、同じ操作です。
カラーパレッド
似たような解説ですが、ご参考に!
テーマの色を変更する

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする