おすすめ記事

同じカテゴリー

複数シートのデータ集計



Excelでは、異なる複数のシートの合計を簡単に求めることができます。
ただし、同じ形の表であることが前提となります。たとえば下のような4つの表があります。
シート名[東京]です。
東京シート
シート名[大阪]です。
大阪シート
シート名[名古屋]です。
名古屋シート

スポンサーリンク

シート名[福岡]です。
福岡シート
[集計]シートを追加します。同じレイアウトのシートです。
[集計]シートで合計値を出したい範囲を選択します。
集計シート
[ホーム]タブの[編集]グループにある[オートSUM]ボタンをクリックします。
入力対象になっているセル(ここでは、セルB2)に数式[=SUM()]が入力されます。
オートSUM
一番左端にあるシート見出し[東京]をクリックして、セルB2をクリックします。
東京シート
[Shift]キーを押したまま、[福岡]シート見出しをクリックします。
数式バーの表示が変わります。
福岡シート
再度、[ホーム]タブの[オートSUM]ボタンをクリックします。
あるいは、[Ctrl]キーと[Enter]キーを押します。
オートSUM
これで[集計]シートに[東京][大阪][名古屋][福岡]シートの各セルの合計値が表示されます。
集計結果
※シート数に増減がある場合は、新規シートを2枚追加して、シート名は[start]と[end]とします。
そして、この2枚のシートの間に集計したいシートを挟んで上記操作を行います。そうすると、各セルの関数は[=SUM(start:end!B2)]などのようになります。その後、[start]シートと[end]シートは、非表示にしておくといいと思います。


ここまでの操作は、Excel2003でも解説しています。串刺し計算


もう一つの方法です。
[集計]シートのセルB2を選択して、[オートSUM]ボタンをクリックします。
集計シート
一番左端にあるシート見出し[東京]をクリックして、セルB2をクリックします。
東京シート
[Shift]キーを押したまま、[福岡]シート見出しをクリックします。
数式バーの表示が変わります。
福岡シート
再度、[ホーム]タブの[オートSUM]ボタンをクリックします。
あるいは、[Enter]キーを押します。
[集計]シートのセルB2に合計値が表示されます。
集計シート
後は、オートフィルで数式をコピーします。
セルB2のフィルハンドルをセルC2からセルE2までドラッグして、セルE2ではフィルハンドルをダブルクリックすると効率的です。
数式のコピー
すべてのセルに数式がコピーされ、合計値が表示されます。
集計結果
複数の表で、項目や位置が一致しない場合でも1つのワークシートに集計することができます。
データの統合(Excel2003)
Excel2007以降の[統合]ボタンは、は、[データ]タブの[データツール]グループにあります。
下の画像は、Excel2013です。
統合

トラブルをすぐに解決したいならteratail

おすすめ記事

シェアする